リバースエッジ大川端探偵社 - 6巻

個数:1
紙書籍版価格 ¥649
  • Kinoppy

リバースエッジ大川端探偵社 - 6巻

  • ISBN:9784537133981

ファイル: /

内容説明

劇画界最高のコンビが奏でる、
珠玉の人間賛歌!
描くテーマにタブー無し、
世の中に棲むあらゆる不可思議を熟練の腕で描破する!
人生の深み、渋み、そして笑いが詰まった感動呼び込む読切9編を収録。
大人気テレビドラマ原作コミック2年ぶり、待望の最新刊登場!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

眠る山猫屋

18
怪談みたいな物語を読むと解けない謎ってのも悪くないと思えてきます。それが大人のファンタジーへの嗜み方。2016/12/27

hannahhannah

10
「老けセン高校生」は老人カップルの高校生が登場。もちろん裏があったけど、ここまでするかね?高校生の恋愛では容姿が一番重要視されそうだけど。「怪談」はタイトル通り、怪談のように思える話。怪異は爺さんではなく、額縁か。「脳内快楽物質」は大勢の前に立つ際に全裸になる女が登場。男性が同じことをしたら明日の朝刊へ。2018/05/31

fukumasagami

7
「加奈ちゃんは店を辞めちゃって…… 消息不明に」 「それは何年前のお話ですか?」 「かれこれ5年は経ってるな」 「おまかせください なんとかいたしましょう」 「頼むよ」2016/05/03

コリエル

6
老けセン高校生の話や最後のDVの話わりと好きだな。あとバカやって首壊すお茶目な村木も良い。2020/02/17

へへろ~本舗

6
解明できない未知の領域もある「怪談」2016/10/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10125798

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。