リバースエッジ大川端探偵社 - 9巻

個数:1
紙書籍版価格 ¥649
  • Kinoppy

リバースエッジ大川端探偵社 - 9巻

  • ISBN:9784537136586

ファイル: /

内容説明

東京・浅草にある小さな探偵社。
そこを訪れる人々の、どこか奇妙で切ない依頼の数々…。
 
人間とは。人生とはーー。
所長、村木、メグミの三人は、
静かに優しく依頼者の”心の澱”を掬い上げる…。
 
「三代目襲名」「演歌エレジー」「謎の女」
「料金あと払い」「懲りないリピーター」
「好きです、結婚してください」「クモの糸」
「映画のように」の珠玉短編8話を収録。
 
人気連続ドラマ原作コミック、
人間観察の鋭さを更に増した第9巻!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

眠る山猫屋

22
この巻は随分と落ち着いた感じ。ミラクルな話は少ないが、しっとりとしんみりと読ませてくれる。『謎の女』のようなミステリータッチのエッジの利いた物語もあるが、後半の『好きです結婚してください』や『映画のように』といった、事件の裏側にひっそりと咲く花のような語り口がジンワリと心に滲みる。2018/03/13

hannahhannah

10
ほとんどが恋愛がらみの話。美容師が出てくる「料金あと払い」と所長の計らいが印象的な「映画のように」が良かった。原作者のひじかた憂峰は今年の1月に70歳で亡くなっている。もうこの漫画の続きは読めない。2018/06/03

コリエル

4
あと1冊あるようだけれど、狩撫麻礼が原作をつとめたのはここまでなのかな? 所長がちょっと粋なところを見せる映画のようにがわりと好き。2020/02/17

嫌々爺

4
これが狩撫麻礼の遺作ということになるのだろうか。もっと読みたかったなあ、とつくづく残念だが、これを機に過去の狩撫作品が店頭にいっぱい並んでくれれば嬉しい。2018/01/17

Nao Funasoko

4
気が付けばもう9巻目。ひじかた憂峰&たなか亜希夫の実力派ゴールデンコンビであれば一話に今の倍ぐらいのページ使っても十分成り立つ。もっと重く濃いヤツを読みたいと思うのは贅沢なんだろうか。今巻では「料金あと払い」が好みかな。2017/12/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12381039

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。