リバースエッジ 大川端探偵社 1

個数:1
紙書籍版価格 ¥649
  • Kinoppy
  • 特価

リバースエッジ 大川端探偵社 1

  • ISBN:9784537125054

ファイル: /

内容説明

【無料試し読み閲覧期間2022/7/29~2022/8/11】
東京・浅草…隅田川沿いの雑居ビルに、小さな探偵社があった――。『オールド・ボーイ』『湯けむりスナイパー』のひじたか憂峰、『軍鶏』『かぶく者』のたなか亜希夫。常に“人間”を描き続けた唯一無二の原作者と、漫画界随一の画力で驚異的な描写を続ける稀代の絵師。名作『ボーダー』で多くの信者を生み出した黄金コンビが、20年ぶりに奇跡の復活!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Toshiyuki Maeda

38
kindle。オダギリ・ジョーのドラマの原作本です。オダギリ・ジョー最高!特にオープニングが好きで、何度も繰り返し見てしまう。メグミちゃんもね。2016/05/19

眠る山猫屋

17
ドラマの空気感とTVブロスの解説に興味をひかれて。満足の結果でした。流石、狩摩撫礼(漢字あってるかな?)の原作。ドラマにある予知夢の設定が無く、また一話完結形式の制約がある分ドラマよりアッサリだが、捻りが利いている。エルヴィスと恐い顔GP が気に入った話かなぁ、他の話も良いけれど。2014/05/17

Dai(ダイ)

13
絵がうまいだけに話がアッサリし過ぎてもったいないような…2017/03/07

FK

12
迷走王ボーダーコンビの作品。一話完結。下町の探偵社って雰囲気。2016/07/30

hannahhannah

10
「迷走王 ボーダー」のタッグによる探偵もの。ミステリというより人間ドラマ。依頼のほとんどは人探し。この頃は所長、村木、メグミの三人とも怖い顔をしているが、後から角が取れていく。たなか亜希夫の絵は「軍鶏」の中国編、「グロコス」が好きだけど、これも悪くない。この巻の話では「怖い顔グランプリ」「エルビスを探せ」が良かった。全体的に昭和への懐かしみを感じました。2018/05/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/261719

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。