リバースエッジ大川端探偵社 - 10巻

個数:1
紙書籍版価格 ¥682
  • Kinoppy

リバースエッジ大川端探偵社 - 10巻

  • ISBN:9784537139099

ファイル: /

内容説明

大好評浅草探偵人生劇場、待望の最新刊。
老若男女それぞれの、ささやかで奇妙な依頼を
探偵社の面々は優しく暖かく受け入れる・・・。
 
孤高の劇画原作者・ひじかた憂峰の死から一年余りーー。
だがその魂は生き続け、遺された原作を丹念に描いた最新作、
いまだ消えぬ語り部の神髄、その全てが味わえる第10巻。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

眠る山猫屋

46
もはや凛々しい所長さんが主人公の探偵物語だ。持ち込まれやる事案は、時にファニーで時に切ない。男から女への手紙を届けるだけの案件の裏側。いい女とヘンな男の結婚への道程など暖かい恋愛模様があるかと思えば、未来予知が出来る兄妹の高い志を阻む大人の黒い影が描かれていたり。ラッパーの恩返しがちょっと好き。この巻で完結なのかな。またオダギリジョーのドラマで続きが観たい。2021/09/21

コリエル

3
狩撫麻礼の死後に発売されたこの巻は真の遺作ということでいいのだろうか。バブルの時代から一貫して欲や俗にまみれた世間を斜めに見るのが彼の作品だったが、この巻の競馬の話なんかもそういう意志は見て取れる。自分の五感と理性で狂乱の世を乗り切っていくしかないとね。2020/02/18

ma-co

2
これで完結なのかな……人間の不可思議さを鮮やかに切り取った名作です2019/05/15

bbb

1
○+。亡くなった後も連載は続いたんだ。合掌。2019/05/09

たー

1
淡々と話が進み、あっという間に最終話に。これで終わりかと思うと寂しいような、余韻があるままでいいような…。 ここまで味のある話も多々あり、グッとくることもありましたが、10巻まで来ると意外性は薄れてきたような。ということで、ここまで面白く読めて良かったです。感謝です。2019/05/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13596236

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。