リバースエッジ 大川端探偵社 2

個数:1
紙書籍版価格 ¥649
  • Kinoppy

リバースエッジ 大川端探偵社 2

  • ISBN:9784537126723

ファイル: /

内容説明

ひじかた憂峰とたなか亜希夫――。名作『迷走王ボーダー』以来、20年ぶりに実現した奇跡のタッグによる読切シリーズ。描くのは、東京・浅草を舞台にした探偵漫画。『ボーダー』のようなガムシャラな熱気から一変、渋く、そして乾いたタッチが特徴だ。だが、静かに鋭く人間を洞察したその描写力は、現在の漫画界でも随一。ファン待望の一年ぶりの新刊は、カラーページも完全再現。読み応え充分の短編を10作収録している。人生の酸いも甘いも噛み分けた大人の、熟成された魅力が詰まった珠玉の一冊。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

眠る山猫屋

12
味がある、読めば読むほど。悪人面の所長のカッコ良さ。こんな上司の下で働きたいな(笑)メグミちゃんも可愛く見えてきたし、村木の動揺する顔もいい。依頼人の悩みが真っ当かどうかは兎も角、ブレないスタンスで依頼をこなす探偵社、カッコいいじゃないか。2014/05/18

hannahhannah

9
「替え玉セックス」は泥酔して、別の女とセックスする話。酒はハードドラッグ。飲むもんじゃない。「狸のはらわた」で「貨幣(かね)は怖い」と言ってるけど、そうかね?投資に回して浪費しなければいい。でも、話に出て来たおじさんはそうでも家族に知られたら殺気立つかもしれないな。「依頼者は所長」も良かった。上司に頼まれ、尾行するというのも奇妙だ。2018/05/30

FK

6
狸の置物に3億円。ネコババする方向で2016/07/30

じょみ

5
「ある結婚」良い話ですね・・・2017/03/12

むきめい(規制)

4
ダークな感じで面白い2021/05/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/668077

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。