リバースエッジ 大川端探偵社 3

個数:1
紙書籍版価格 ¥649
  • Kinoppy

リバースエッジ 大川端探偵社 3

  • ISBN:9784537127454

ファイル: /

内容説明

東京・浅草…隅田川沿いのビルに居を構える、大川端探偵社。そこを訪れる客たちは、みな一様に心に“何か”を抱えている。所長・調査員の村木・受付のメグミは、依頼者の心に必要以上に立ち入らず、あっさりと爽やかに彼らの悩みを解決する…!そして生まれる人生のドラマとは…!?読み味抜群、一話一話が極上の味わいを見せる名人芸!!名作『迷走王ボーダー』から20年――。黄金タッグの新作は、これぞ「人間賛歌」というべき漫画表現の最高峰!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hannahhannah

12
最初の「決闘代打ち」はバズーカ装備した人と鎖鎌装備した人との戦い。代打ちだからか、名前に赤木という人が出てきていた。(笑)最後の「なまはげ」はゾンビに扮した人たちが登場。強烈だった。それ以外のほとんどの話はセックス、恋愛に関するもの。さすがに胸焼けがしました。2018/05/30

眠る山猫屋

9
相変わらず面白いです。荒唐無稽とリアルの狭間を行ったり来たり。鎖鎌の達人がネット世界にいるかどうかは兎も角として、桃木マリンちゃんには会ってみたい(笑)性欲も変態も、確かに世の中には溢れていて、扱い方が段々難しくなる時代ですから。2014/05/28

じょみ

6
マリンちゃん・・2017/03/13

むきめい(規制)

5
夜道のなまはげ怖すぎでしょ2021/05/30

コリエル

5
1話完結で読みやすいけど深みもないってシリーズなんだけど、今回だとロケットランチャー対鎖鎌とかアホな話があってそれがツボにハマるとけっこう面白い。2020/02/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3097364

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。