間違いだらけのクルマ選び 〈2015年版〉

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy

間違いだらけのクルマ選び 〈2015年版〉

  • 著者名:徳大寺有恒/島下泰久
  • 価格 ¥990(本体¥900)
  • 草思社(2015/07発売)
  • ポイント 9pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784794221001

ファイル: /

内容説明

世界的ブームを受けてSUVが大量デビュー!
そして12月、ついに燃料電池車が市販。
動き続けるクルマ界の未来を『間違いだらけ』が見通す!

消費増税対策で各社が多数の新型車を登場させてきた。
なかでも世界的ブームを受けてSUVが大量デビュー。
さらに、2014年12月にはトヨタがついに燃料電池車を市販開始。
外国車勢も電気自動車の販売に乗り出し、エコカーの競争も激化している。
悩み深まるクルマ選びを『間違いだらけ』が一刀両断!

2015年版2大特集
◎第1特集 楽しめるSUVはどれだ?
――最新SUVをふくめ15車種を一挙に論評
◎第2特集 新世代パワートレイン車
――トヨタ・ミライは良いクルマなのか? EVの将来は?

2015年版の指摘
●燃料電池車ミライ、クルマの出来にも驚いた!
●完全自動運転でない別のゴールを目指すべきだ
●F1より魅力的。トヨタ活躍の耐久レースに注目
●10年間愛し通せるクルマを買うべし
●免許を取ったら一度はオープンカーに乗っては
●ラリーに参加、独特の楽しさに目覚めた!

【編集部より】
2014年11月、徳大寺有恒さんが亡くなりました。
徳大寺さんが倒れられたとき、編集作業は最後の詰めに差し掛かっており、
本書の原稿はすべて脱稿済みでした。
徳大寺さんの最後のメッセージが込められた本書を、是非多くの方にご覧いただきたく存じます。
謹んでご冥福をお祈りします。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ブルー

18
自動車評論なんて全く興味がないのに、20年くらいまえに徳大寺さんの評論を読んで衝撃を受けてしまいました。以来ファンでした。去年お亡くなりになって、寂しく思っています。徳大寺さんの最後の原稿、とても良かったです。2015/12/27

chiseiok

13
徳大寺氏の訃報を耳にしたとき、「ああ、もう『間違いだらけ…』は昨年度版がラストなのかな…」と思ったので、出版され、読めただけで素直に嬉しい。実際内容のほとんどは共著者の島下氏の文章ですが、所々に挟まる徳大寺氏のコラムが「そいつは…こいつは…」となじみの語り口、辛さも十分で全体を引き締めてます。島下氏の辛口文章も嫌いではないので、単独著作となる来年度からも頑張れ、と。あと、云われっぱなしのメーカーPLさんの《オレにも言わせろ!》的な反論コラムが欲し いですが、無理かな(^^;。2014/12/30

Humbaba

8
クルマは移動手段だが、それだけの存在ではない。運転によって目標地点に到達できるというところは同じでも、その最中を楽しい物にしてくれるのか、それともどこか物足りないものにするのかは、車種の選び方によって変わってくる。安い買い物ではないため、簡単に買い換えられない。だからこそ、よく選んで購入する必要があるだろう。2015/03/16

ざび

5
新型ロードスター、86は是非乗ってみたい。後は、Cクラスのディーゼルかな。今日の新聞では、カリフォルニアでは既にハイブリッドはエコカーではなくなったようだ。完全な電気自動車か燃料電池か水素か?2015/03/15

やぶチャン

4
追悼本ですね「自動車メーカーに対して辛口評価」を持ちこんでく れた徳大寺有恒さんに感謝。★★★2014/12/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9034517

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。