軍鶏(28)

個数:1
紙書籍版価格 ¥597
  • Kinoppy
  • Reader

軍鶏(28)

  • 著者名:たなか亜希夫【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 講談社(2015/04発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063524291

ファイル: /

内容説明

黒の毒が白を冒す。グランドクロス最終戦。リョウとトーマの闘いは激しさを増していく。闘いながら、リョウの棲む闇に降り立ったトーマだったが、そのあまりに濃い瘴気は次第にトーマの心を蝕んでいく――。だが、そんな窮地において、トーマもまたその才能を進化させる。白と黒、光と闇。天も震える激闘はついに最高潮へ。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

文吾

7
★★★/グランドクロス終了、勝ったはずの東馬は廃人。なぜなのか。亮に関わった人たちがひっそり死んでいく。亮はこれからどうやって生きていくつもりなのか。先が見えない。(t)2020/03/27

たぬきごんべい@漫画

4
グランドクロス終了。結論はどうあれ最後まで書ききった、たなか先生に感謝。あれだけページを使ってキャラ設定したトーマがこれで最後なのは勿体無い。沢山のキャラが最後となるのは終焉へ向けてのステップか。金の最後のシーンがないのは悲しい。2017/10/12

グレ

4
黒川は末期癌、薮医者は動脈瘤破裂、望月“前”館長は不意打ちの物盗り半グレ餓鬼のknifeで、金はヤクザの銃撃戦で次々と死亡。ぱっとしない花火。2014/07/03

くにちゃん

4
最後の花火のシーンのもの悲しさといったらもう…。2013/05/03

Dai(ダイ)

4
26.27巻を読んでないかも?2013/03/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5221327

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。