軍鶏(26)

個数:1
紙書籍版価格 ¥597
  • Kinoppy
  • Reader

軍鶏(26)

  • 著者名:たなか亜希夫【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 講談社(2015/03発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063523812

ファイル: /

内容説明

光と闇、邂逅す――。白熱のグランドクロスもいよいよ大詰めに。第3試合まで勝敗こそ互角だが、黒道着衆の強さはチーム・トーマを圧倒していた。あとのないチーム・トーマは、天才柔道家・吉岡代悟(よしおか・だいご)がついに登場する。果たして吉岡は、黒道着衆相手に一矢報いる事が出来るのか!? そしてリョウの声に導かれたトーマも、いよいよリョウとの闘いの舞台に立つ――。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Dai(ダイ)

8
読んだのに登録してなかった…2013/03/20

文吾

7
★★★/吉岡かっこいい。でも肩壊されちゃったんじゃないかな。現役戻れるんやろか。亮と東馬の試合が始まった。さてどうなる。(t)2020/02/26

矢代

7
吉岡かー。そして漸くリョウvs.トーマ。2016/04/22

うめうめ

6
新刊が五年ぶりに出たため、講談社版を購入して一気に読みました。やはり中国編前迄が一番面白いのは間違いない。絵の質物語共に今読んでも最高に面白い。トーマの出現で持ち直した感じがしたのですが、現在のグランドクロス編は駆け足で進んでいるので非常に勿体ないと思います。しかし作品が途中で終わることなく再開されたことは非常に嬉しいし、良い形で終焉を迎えてほしいです。2011/11/19

たぬきごんべい@漫画

5
5年振りに再開させた作者の情熱はすごい。熱烈なファンと商業ベースに合致するダークヒーロー成島亮を復活させたのは嬉しい。四號を最後でかばう吉岡の優しさは作者の優しさなのか。萌美ちゃんにしてもナツミちゃんにしてもこの作品に出てくる女性の扱いは酷い。2017/10/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4131863

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。