バンチコミックス<br> 最後のレストラン 3巻

個数:1
紙書籍版価格 ¥607
  • 電子書籍
  • Reader

バンチコミックス
最後のレストラン 3巻

  • 著者名:藤栄道彦【著】
  • 価格 ¥583(本体¥530)
  • 新潮社(2016/01発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784107716996

ファイル: /

内容説明

レストラン「ヘブンズドア」の偏屈シェフ園場は近くにオープンした人気店に対抗する為に、看板メニューを作ろうと想い悩んでいた。そんな彼の前に、函館戦争真っ只中の新選組副長土方歳三が現れる。手元にあったホタルイカの干物を生き返らせてみろとの無理難題をオーダーするが……? 他ナポレオン、エリザベート、安徳天皇ら歴史上の偉人達が続々ご来店!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

exsoy

29
前田さん歴代天皇のお名前まで全部暗記してるんだろか…してそうだな…2013/03/14

たまきら

26
あら、ミュージカル「エリザベート」の名セリフが。今回は土方がよかった。去年偶然彼の生誕の地に行き、彼をここまで動かした原動力について考えていたことがすこし作者さんと似ていてうれしかった。幼い天皇と日本のお宝まで出てきてもうこれはどうなっちゃうんでしょう。ていうか、お店にたまり続けるお宝も心配。2020/06/06

林田力

18
値段と味が比例しないというグルメの神髄を示す指摘がある。 「エリザベート様」では七千円以上もの値段が高いだけの意味不明な料理がまかり通ることは理不尽であると指摘される。 「安徳天皇」では「人のために同じ命を投げ出しているのに、その値打ちに差がつくのはかわいそうですわ」との台詞がある。高い値段の肉を有り難がることは虚しい。2022/05/15

りらこ

17
安徳天皇可愛い設定。波の下にも都、ほんとに信じているのか。土方歳三は、私のイメージはまた別にあるけどこれはこれね。だんだん登場人物が増えてきた。2020/04/30

U−Key@再起動中

5
4巻発売前に読めて良かった(´`:) 歴史上の偉人・有名人が、その生涯を閉じる前に訪れるレストラン『ヘヴンズ・ドア』。今回のゲストは、土方歳三・ナポレオン・エリザベート・安徳天皇の4名。目次で『エリザベート』の名を見たときに『血の伯爵夫人』しか思い浮かばず、ホラー回かと思ってしまった(>_<) 19世紀ハプスブルク家の方で、オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフⅠ世の皇后だそうです。歴史上沢山ある名前だから仕方ないか(´`:) ナポレオンの回が、パターンを崩してて面白いですw2013/10/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6407963
  • ご注意事項