時代小説文庫<br> 三国志 十の巻 帝座の星

個数:1
紙書籍版価格 ¥628
  • Kinoppy

時代小説文庫
三国志 十の巻 帝座の星

  • ISBN:9784894569638

ファイル: /

内容説明

関羽雲長死す。その報は蜀に計り知れぬ衝撃を与えた。呉の裏切りに対し、自らを責める孔明。義兄弟を失い、成都へ帰還した劉備と張飛は、苛烈な調練を繰り返し、荊州侵攻、孫権討伐を決意する。一方、魏王に昇り、帝を脅かす存在となった曹操は、後継を曹丕に譲り、刻々と迫る死に対峙する。司馬懿とともに魏内の謀反勢力を駆逐する曹丕。劉備の荊州侵略に備え、蜀へのあらゆる諜略を巡らす孫権。英雄たちの見果てぬ夢が戦を呼ぶ、北方版〈三国志〉波乱の第十巻。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

W-G

367
曹操の死により一つの時代が終わった。普通はここから面白みが一段下がるのに、個人的には曹丕と陸遜がすごく好きで、楽しく読めた巻。曹丕の屈折した二代目感はかなり良い。ノワール的な筆致でもっともっと描きこんで欲しい。孫権や司馬懿との裏の読み合いは、戦とは違う面白さ。そして中盤からは張飛の一人舞台。香の死から、少し様子がおかしくなり、ここでまさか幽を出してくるとは。最期の最期まで恰好良く描写され、これはファンも増えるだろうと納得。劉備は…少しずつ存在感が薄められ、静かに消えていきそうな予感。2018/12/21

ehirano1

103
曹操の最期をここまで美しく描いた作家がこれまでにいたでしょうか、というくらい感嘆し、感動すら憶えました。一方、息子の曹丕はロクな死に方しないような気がしますが・・・。2017/06/11

へロム

100
ひとつの時代が過ぎ去った。曹操が亡くなった。しかも、戦場ではなく病死だ。その後、張飛も亡くなる。これも呉の陰謀による毒殺である。戦場で戦わずして亡くなる無念。生を受けた時から人は死に向かって歩んでいるのだから、どうしようもないことだが残念至極だ。張飛は強いが思いやりもあり、大好きな人物だったので余計にそう感じるのかもしれない。主だった人物が次々に亡くなり、終盤に突入だ。2014/02/09

mayu

83
初期からいた英傑が次々と退場。わかってはいたけど、ひとつの時代の終わりを感じ淋しくなる。最も天下に近づいていたはずの曹操の死。夢半ばだったけど、限られた命の中でやれることはやり切った感もあり、穏やかな最期だったと思う。辛かったのは張飛。関羽の死で傷ついていたところに重なる別れ。董香を失った後、酒に溺れる張飛は痛々しかった。乱暴者のようでいて、情に厚く妻のことも深く愛していた張飛。私はそんな彼を好ましく思っていた。兄弟の契りを結んだ二人を失った劉備。これからは天下よりも二人への義を通すために生きるんだろう。2021/05/23

ehirano1

77
#人望に縛られていた。一度得た人望は、失うのは怖いものだ。#耐え続けられたのは、事の本質が何かを見通す、賢明さがあったからだ。#緻密な戦略は細かいところがひとつ崩れると、全てが崩れてします。戦略は鉈のようなものがいい。2021/03/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/564693

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。