時代小説文庫<br> 三国志 三の巻 玄戈の星

個数:1
紙書籍版価格 ¥628
  • Kinoppy

時代小説文庫
三国志 三の巻 玄戈の星

  • ISBN:9784894568815

ファイル: /

内容説明

混迷深める乱世に、ひときわ異彩を放つ豪傑・呂布。劉備が自ら手放した徐州を制した呂布は、急速に力を付けていく。圧倒的な袁術軍十五万の侵攻に対し、僅か五万の軍勢で退けてみせ、群雄たちを怖れさす。呂布の脅威に哂され、屈辱を胸に秘めながらも曹操を頼り、客将となる道を選ぶ劉備。公孫讚を孤立させ、河北四州統一を目指す袁紹。そして、曹操は、万全の大群を擁して宿敵呂布に闘いを挑む。戦乱を駈け抜ける男たちの生き様を描く、北方版〈三国志〉第三巻。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

W-G

379
見どころの多い巻。女体に溺れて罠に嵌まり、意外な脆さを見せる曹操。前半ほとんど出てこない劉備と孫策も、呂布に志をぶつける場面や、周瑜と一緒に嫁をさらいに行くくだりなど、面白い展開が用意されていた。そして、誰もが納得の通り、この巻は呂布と赤兎のためのもの。海に入って立ち尽くす赤兎のシーンは、いまのところ屈指の名場面。その他、陳宮への接し方を見ても、呂布には変化が見られ、それがまたいい。曹操が戦で仕掛けた策も手に汗握らされた。呉では太史慈がいい味出して来ている。最初の山場として文句なし。2018/12/08

ehirano1

154
ハードボイルド三国志。本巻の主人公は“漆黒の殺戮マシン”呂布奉先。しかしその人間的正体は・・・・・泣かせるじゃないですか、北方さん。あんたこれを書きたかったんでしょ、絶対そうでしょ。三の巻にして既に最高潮。十三巻まであるんですけどね。大丈夫か当方の血圧!2017/06/10

あすなろ

94
やり方を変える時期に来ている。五千の兵を擁していれば誰も流浪の義勇兵と考えてくれない。そんな、転の描写から始まった3巻。前半は、曹操と劉備の描写に惚れる。劉備が泣く。中間部では、雛氏の妖婦の描写に惚れる。後半部は、また呂布と赤兎の描写に泣かされる。北方氏の男の美学絶好調になって来てるな!さて、来年中には、北方三国志を読了することを一つの読書目標にしよう!2017/12/31

mayu

83
呂布ってこんなに早く退場してしまうんだったっけ?!呂布の選択には泣いてしまった。傷ついた赤兎に別れを告げ治すために敵にも託す、捕らえられた陳宮を見捨てずに出撃して討たれる…妻への想いもそうだったけど、自分が認めた相手へは情が深い人物だったのかもしれないな。危うさはあっても、大切と思ったものには筋を通す真っ直ぐな呂布の生き方は、私には格好良く見えた。赤兎が呂布の最期に勘づき海に向かうシーンも、離れていても強い絆を感じて哀しかった。2021/02/25

みやこ

80
戦いを回避する策はいくつかあった筈。だが、彼らはそれを選択しない。天下を獲る者はただ一人。自らの力量を天に計り、この男とはいずれ戦場で相まみえる。そう確信する相手と言葉を交わす心境は如何ほどのものなのか。稀代の英雄になれたはずの男が散った。いや、彼は間違いなく英雄だった。立ちはだかった男の影を、この先の時代を生きる男たちは永遠に踏み越えることはできないのだから。曹操、劉備、呂布。ついでに袁紹。彼らの戦とは別のところで繰り広げられた、孫策と周瑜の男の夢を賭けた一世一代の戦。あの作戦は若くないと無理だわ。→2018/05/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/576607

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。