二見時代小説文庫<br> 渡りきれぬ橋 - 柳橋ものがたり3

個数:1
紙書籍版価格 ¥712
  • Kinoppy
  • Reader

二見時代小説文庫
渡りきれぬ橋 - 柳橋ものがたり3

  • 著者名:森真沙子
  • 価格 ¥770(本体¥700)
  • 二見書房(2020/03発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

この橋の向こうには、何かが待っている。渡りきれれば……。

しっとりとした筆づかいで、江戸に生きる人びとの綾を時代推理の俊英が描ききる、船宿『篠屋』の綾が遭遇した五つの謎と事件の行方……。

江戸有数の花街・柳橋の船宿「篠屋」に、成島柳北という、学者として将軍家に仕えて来た、俊才の誉れ高い幕臣が再来。柳北は幕府上層部の無能ぶりに苛立ち狂歌にしてからかい、奥儒者の職を解かれ閉門の身。学者であるも名うての遊び人柳北の耳に、若き日の情人・久米八が横濱で異人相手のラシャメンに身をおとすという噂が。で、篠屋の主に相談に…。(第五話「へちま」)