二見時代小説文庫<br> 送り舟 - 柳橋ものがたり4

個数:1
紙書籍版価格 ¥712
  • Kinoppy
  • Reader

二見時代小説文庫
送り舟 - 柳橋ものがたり4

  • 著者名:森真沙子
  • 価格 ¥770(本体¥700)
  • 二見書房(2020/08発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

数奇な人生を歩んだ老中小笠原長行の重大な決断と約束!

私の嫡子を拾ってほしい!
子のいなかった大名が、初めての子を捨てるとは?(第五話「送り舟」)

時代推理の俊英がしっとり描く五つの謎と事件の行方。

夜中、船宿「篠屋」に供ひとりを連れた侍がなだれ込んできた。追われているという。あとで知れたが、老中の小笠原壱岐守長行だった。唐津藩六万石の嫡子として生まれたが二歳で父を失い、幼すぎて藩主になれず三十六歳まで深川でひっそりと暮らした。だが、ある時、青天の霹靂のように脚光を浴び…。生麦事件の処理で「江戸を救った恩人」ともいわれていたが……。