MFブックス<br> 魔導具師ダリヤはうつむかない ~今日から自由な職人ライフ~ 3

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader

MFブックス
魔導具師ダリヤはうつむかない ~今日から自由な職人ライフ~ 3

  • ISBN:9784040640594

ファイル: /

内容説明

婚約破棄されたことを機に、自分の好きなように生きると決めた、女性魔導具師のダリヤ。
彼女が商会を立ち上げてから、ダリヤの魔導具づくりは様々な人を巻き込んで進んでいく。
商会長としても魔導具師としても、少々危なっかしいところのあるダリヤに対し、周囲の者はそれぞれの想いを募らせる。
「恩には利子をつけて返す」「商会長の『右腕』を目指す」「守れるくらい強くなる」
そんな想いに応えるように、ダリヤ自身も前を向き、また大きな一歩を踏み出す――!
小物工房と『泡ポンプボトル』の量産品試作、『魔導コンロ』の更なる小型化、『人工魔剣』の実験など……とどまるところを知らないダリヤのものづくりの行方は!?
魔導具師ダリヤの、自由気ままなものづくりストーリー第三弾、開幕!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あーさん★まおりゅうにハマってるよ!(≧▽≦)

70
この本は食べる事と作る事ばかりの内容ですが、笑えます(≧▽≦)2020/02/27

すがはら

26
お酒と料理の話が多い。魔導具についてより分量あるかも。ヴォルフの犬化は相変わらずだけど恋心の自覚も出てきた様子。ダリヤの方はまだ目をそらしてるのかな。二人の想いが通じ合う頃には既に周囲が結婚の準備を整えていそうですが。二人とも皆に愛されてます。ヴォルフと親族の関係性は実は悪くなかったと判明したけれど、ダリヤのお母さんはもう亡くなってるなら直接の和解はない訳ですね。誰も何も説明しないから、ダリヤが自分で母親は庶民の暮しを嫌って実家に帰ったと解釈して母恋しさを絶とうとしてきただけに思えるんですけど。2020/05/04

こも 零細企業営業

25
商業ギルドの全面的なバックアップの元、五本指ソックスと中敷、さらに泡ポンプボルトの商品化と量産化に踏み出す事になるのだが、、なんせ商会の長としては1年生なヒロイン。手配も何も判らない。それを支えてくれるイケメンと副ギルド長。父親から続く人脈に恵まれつつも持ち前の商品開発力でドンドン発展していく商会。 それを支える右腕となる人もギルドから移籍して来て、イケメンとは下ネタで盛り上がれるほど親しくなる。それを偶然に聞かれる不運はあるが、商品化は順調。魔剣作りは、、ホラーな展開に?勝手に動くナイフか、、ホラーだ。2021/08/23

はなりん

24
シリーズ第3弾。泡ポンプボトルと遠征用コンロ、時々魔剣?。泡ポンプボトルで新たな職人の仲間が増え、ダリヤちゃんを助けてくれる人が回りに増えてきた!相変わらずお酒と料理の描写が美味しそうで、飲めないのに飲みたくなる!ヴォルフの過去と家庭環境、お兄ちゃんとの和解でこちらも今後の後ろ盾になりそうで心強い味方の出現か?ブラコン気味なので、ダリヤの味方かは微妙だけどね。2020/07/24

kapibara

23
すごく楽しくて、一気に既刊3巻読み。自立してり女性主人公って安心して読める。ゆるやかに進む恋模様も魔導具等の開発も素敵。 でも、ストーリースピードが遅いかな。最初はとても良かったんだけど、穏やか過ぎてダレも感じるようになった。飯テロばりの料理・食事描写は好きなんだけど、丁寧過ぎる気もする。もう少し緩急が欲しい。 ただ面白いのは変わらないので、このまま楽しみに続きを待ちます!2019/11/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14322458

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。