電撃文庫<br> ブギーポップ・オールマイティ ディジーがリジーを想うとき

個数:1
紙書籍版価格 ¥671
  • Kinoppy
  • Reader

電撃文庫
ブギーポップ・オールマイティ ディジーがリジーを想うとき

  • ISBN:9784049123234

ファイル: /

内容説明

君にはどうしても思い出せない記憶があるかい? はっきりとした形にならない想い出が心に引っかかってはいないかな。曖昧な過去に引きずられて、現在をむげにして、未来を犠牲にしてはいないか? そう、死神たるぼくの曖昧なる敵ディジー・ミス・リジーのように――スプーキーEの死後、虚脱状態になっていた織機綺の前に現れた統和機構の使者は、彼女に責任を取ることを求め、綺は暗い記憶の扉をこじ開けられる。そしてすべてに価値を見いだせない無気力な少年乙坂了哉が事態をもてあそび無為で無明な日常に復讐し始めたことで、街はその輪郭を失って崩壊し始める。ブギーポップはそれを傍観し、炎の魔女さえ空回りを避けられない世界の危機の中で、綺は闇の深奥に辿り着くことができるのか……?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

眠る山猫屋

55
今回は過去編、水乃星透子という(おそらくは)最強の敵の残滓が及ぼしていた影響。またもや、という言い方も出来るが、今回は感触がちょっと違う。ブギーポップがなんだか感傷的なのだ。自動的なのに、自動的だから? まさに思い出の中にしかいない宿敵と、その思い出に生きたがる今回の敵・ディジーミスリジー。〝世界の敵〟という程でもない敵にブギーポップが立ち塞がる不思議。ポリモーグってここからなのか。しっかり凪に借りを作っちゃってるなぁ。2020/07/23

ネムコ

39
安定のブギーポップ品質。わかったようなわからないような(笑) しかし、後をひくな、水乃星透子。2019/05/13

タカギ

26
口絵は『ユリイカ』の表紙。最強の人類の敵・イマジネーターの影響がベールのように世界を覆っている。誰の記憶にもないのに。織機綺とスプーキーEの因縁はたぶん他のどの件よりも扱われてきたけど、今回「なぜスプーキーは織機綺に暴力をふるったのか」の理由を織機が考察していて、スプーキーに確認はできないから正しいかどうかはともかく、私にとっては腑に落ちた。何にでも理由があったほうが安心できる。2019/05/30

神太郎

16
VSイマジネーターの裏で起こっていた事件。実はVSイマジネーター自体がもうひとつの事件に引っ張られていたというのはなかなか面白い切り口。過去作に違和感なく話を直結させるのは流石という感じ。またVSイマジネーターではあまり語られなかった彼女と霧間凪の関係性も提示されておりこれも新鮮。やはり彼女は頭一つ飛び抜けていたようだし、まだまだ影響があちこちにありそうな雰囲気。事件は解決したもののどこかもやもやとしたものが残る。見事に今回の作風にハマってしまったようである。2019/05/11

秋良

14
イマジネーターの裏側……と言うよりは、そこに接点があった人たちの一場面と言うのが近いかも。そしてこういう一つの事件の周りを、近づいたり遠ざかったりぐるぐる回りながら何かを浮かび上がらせていくのが、とてもブギーポップ らしいのかも。綺がどうして調理師の学校へ行くことにしたのか、凪が透子をどう見てたかも分かるので、新装版を読んだ後で良かった。2019/05/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13706567

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数35件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす