ヒューマニティーズ<br> 哲学

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader

ヒューマニティーズ
哲学

  • 著者名:中島隆博
  • 価格 ¥1,100(本体¥1,000)
  • 岩波書店(2019/03発売)
  • ポイント 10pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

哲学のフロントは,哲学が哲学ではないものと向かい合う,その境界にある.哲学ではないものとは,科学でもあるだろうし,宗教でもあるだろう.しかし,哲学がもっとも鋭く対立するものは,一見すると哲学にみえる準-哲学である.準-哲学としてのアジア思想の側から,哲学とそのアクチュアリティを問い直す.

目次

目  次
   はじめに

 一、哲学はどのように生まれたのか
  (一) 哲学の始まり
   哲学者は単独で概念を定義する/始まりの海、ギリシア──哲学者は外国人である/ギリシア的環境──内在、友愛、オピニオン/避けられる中国/哲学としての中国
  (二) 中国哲学の始まり
   哲学と中国哲学史──胡適/中国哲学の始まり/ロゴスと目的論/発生的方法と祖孫の方法──ジョン・デューイと胡適/歴史的使命に対する自覚/自覚の歴史と歴史の自覚に抗して
 二、哲学と翻訳そして救済──哲学を学ぶ意味とは何か
   翻訳の哲学/翻訳という概念/救済の時間性──歴史のメシア的終末/都市の言語としての翻訳の言語
 三、哲学と政治──哲学は社会の役に立つのか
   近代東アジアの哲学経験──西田幾多郎と新儒家/西田幾多郎の晩年性/日本文化の形態──無に囚われない無の思想/皇道の政治哲学/新儒家と内聖外王/仏教と内聖外王──熊十力/仏教の排除と儒家思想の導入/内聖外王の学の失敗──梁漱溟の批判/直通から曲通へ──牟宗三/自己否定という方法/自覚的な自己否定の限界/否定政治学としての哲学を越えて
 四、哲学の未来──哲学は今後何を問うべきなのか
   奪われた声/被植民者の沈黙に言葉を返す/ 「新しい戦争」の時代なのか/正義の戦争の原光景──放にして祀らず/歓待と暴力/入植する者と国家を逃れる者/終末論とメシア的平和/近さと国家/他者と遭遇する戦争
 五、哲学を実践するために何を読むべきか
   おわりに