ヘレン・ケラー

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,045
  • Kinoppy
  • Reader

ヘレン・ケラー

  • ISBN:9784052048999

ファイル: /

内容説明

カラーイラスト満載で、低・中学年から楽しく読める伝記シリーズ第7巻。病気で視力、聴力をうしなったヘレン・ケラーは、やがて障害や差別に苦しむ人々を救おうと力をつくします。ひと目で分かる人物ガイドと、偉人がもっと好きになる巻末とじこみ新聞つき。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

コロナウィルスに怯える雨巫女。

6
《私-図書館》ヘレン・ケラーさんが、サリバン先生と出逢った後のことも、描かれている。2019/11/27

えすてい

2
金髪美少女のヘレンケラーとして書かれた入門編伝記。幼少時サリバンとの二人三脚で奮闘していったとき・壮年期の日本訪問が中心。そして88歳の誕生日を目前に控えた死。最期、ヘレンケラーの頭の中に、自分をヘレンケラーたらしめた人物への感謝と、アメリカの民間人最高の栄誉であるメダルオブフリーダム(大統領自由勲章)授与のことを回顧するセリフがある。その一方で「中間」が省かれ、WWⅠに反対のことは書かれてるが、政治思想や駆け落ち未遂事件のことはノータッチ。近年のヘレンケラー伝記は原爆にショックのことを書くのは増えてる。2019/04/17

あき@ブラック・ベア

1
有名すぎるくらい有名なヘレン・ケラー。ルイ・ブライユさんの伝記のあとに読むと感慨もひとしおでした。いい順番で読めたな。 サリバン先生は死ぬまでヘレンと人生を共にしてたんだ…。『奇跡の人』までの知識でしかなかったから、その後の人生に常にサリバン先生がいたとは知らなかった。大人になって、こんなにヘレン・ケラーがいろいろな活動に必死になっていたのも知らなかった。常に前を向いて自分のできることがあれば立ち止まらずに行動した人だったのか。強くあろうとした女性だったんだなぁ。2020/03/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13149880

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。