ぽにきゃんBOOKS<br> 宝石吐きのおんなのこ(7)~追憶に沈む学び舎~

個数:1
紙書籍版価格 ¥715
  • Kinoppy

ぽにきゃんBOOKS
宝石吐きのおんなのこ(7)~追憶に沈む学び舎~

  • 著者名:なみあと/
  • 価格 ¥597(本体¥543)
  • ポニーキャニオン(2018/09発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784865292817

ファイル: /

内容説明

学び、出会う。それでもあなたを思い出す。


大陸東部の穏やかな街、リアフィアット市。
そんな街の片隅に、店員二名の小さな宝石店があった。
――『スプートニク宝石店(ジュエリー・スプートニク)』。

「宝石を吐き出す」少女クリューは、体験学校に参加するためにヴィーアルトン市を訪れていた。
エルキュール宝石学校で彼女を待ち受けていたのは、見たこともない景色、初めての体験、そして新しい友達。
何かを得るためにーーその想いに苦悩しながらも、彼女にとって初めての学園生活が始まる。

一方、リアフィアット市の宝石店店主スプートニクの苦難の日々は続いていた。
そして、彼を悩ませていた客から告げられた話には、ある秘密が隠されており…ーー。
疑念、驚きの真実。彼もまた件の魔法使いの物語に巻き込まれ始める。

宝石に愛された少女の、甘くて淡い、ファンタジーノベル。
過去と現在が渦巻く新章第二幕、開演。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

28
体験学校に参加するためにヴィーアルトン市を訪れたクリューがエルキュール宝石学校で新しい友人と出会い、一方スプートニクは臨時アルバイトと訪問者に振り回される新章第二弾。体験学校入学を勧めてくれたクルーロル宝石商会長夫妻との出会い。学校で出会った似たような境遇の友人リーエ、そして学校で垣間見える新しい可能性。クリューの将来の選択が気になる展開でしたけど、一方のスプートニクさんはどうにも災難続きで、意外な因縁から望まずとも魔法使いの物語に巻き込まれてゆくことになりそうですね。一体何が起こっているのか続巻に期待。2018/01/15

まりも

20
クリューにとって初めての学園生活が始まる一方で、スプートニクの苦難の日々はまだ続くシリーズ第7弾。新しい街、初めての体験入学。そこで悪戦苦闘しながらも、クリューに新しい友人が出来る。色んな体験をしながら成長をしていくクリューにほっこり。一方でスプートニクの方といえば、とある事をきっかけに魔法使いの問題に巻き込まれることに。舞台が変わり、状況も変化し始めた事で、これまでとは違った読み応えのある内容になってきましたね。ここから先一体何が待ち受けているのか。次巻も期待してます。2018/01/23

リク

5
クリューの学校生活。外の世界に触れる中で表情がコロコロと変わるクリューが非常に愛らしかった。妄想したり、その過去に惹かれたり、離れたことでスプートニクを思ってることがより深く伝わってきた。一方、東の街では看板娘のいない生活に店主が予想以上に弱ってて笑った。娘離れ出来ない父親か。という微笑ましい一面もありながら、その後のセシルから語られた事実は衝撃的だった。ソアランとファンション、線と線が繋がり始めて「なるほど…」とつい唸ってしまった。クリューを巡る物語がどうなるのか、続きも楽しみ。2018/01/23

ぶなぶな

4
クリューの学校生活が始動する一方で、スプートニクはセシルとナツのいる騒がしい生活に追われる第7巻。とても面白かったです。同じく体験学校生のリーエと早速意気投合してて、良い友達に恵まれてほっこり。無邪気な悪巧みも微笑ましいです。しかしクルーロル達の前で宝石を吐いてしまい、突然かの魔法使いと再会。さらにスプートニクはセシルから驚愕の事実を知る。というか自分も驚きました。一気に話が動いて続きが待ち遠しいです。そしてその先に、それぞれが大切な人と居る幸せな結末にたどり着いてほしいものです。2018/03/11

ブー

3
この物語も7巻目を数えました。また新章2弾!いよいよ、体験入学を始めるクリュー嬢!悪戦苦闘しながらも、友人ができ、これからって時に体調を崩し・・・また、スプートニク氏の方にも、セシル嬢VSユキ嬢で苦難を強いていたが、ふとしたことから、ついにクリュー嬢の身元情報が・・・また、協会側・ソアラン氏になにやら不穏が感じが・・・三局面で展開した巻でした。各局面が、どのような顛末を迎えるのか・・・次巻も楽しみです。しかし、この物語、此処まで広がるとは!2018/01/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12505846

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。