ぽにきゃんBOOKS<br> 宝石吐きのおんなのこ(3) ~再会の街にひそむ影~

個数:1
紙書籍版価格 ¥715
  • Kinoppy

ぽにきゃんBOOKS
宝石吐きのおんなのこ(3) ~再会の街にひそむ影~

  • 著者名:なみあと/
  • 価格 ¥418(本体¥380)
  • ポニーキャニオン(2017/01発売)
  • ポイント 3pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784865291940

ファイル: /

内容説明

大陸東部の穏やかな街、リアフィアット市。
そんな街の片隅に、店員二名の小さな宝石店があった。――『スプートニク宝石店(ジュエリー・スプートニク)』。

「宝石を吐き出す」少女クリューは、彼女の働く宝石店の店主・スプートニクと共に、リアフィアット市を離れ別の街を訪れていた。
街の名はフィーネチカ、クルーロル宝石商会が支部を構える街である。
二人は、スプートニク宝石店の管理担当・ユキに会うために、このフィーネチカ市へやってきたのだった。

二人きりの遠出に胸を高鳴らせつつも、従業員としての職務をまっとうしようと意気込むクリュー。
しかしその一方、スプートニクのもとには、少々やっかいな事件が舞い込んできて…
さらに街の片隅では、何やら不穏な影が動きを見せる…。

宝石に愛された少女の、甘くて淡い、ファンタジーノベル。
日常の裏側で物語が静かに動き始める、再会にはじまる第3巻。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

スズ

37
商会訪問のためにフィーネチカ市に向かうスプートニクに同行するクリューであったが、馬車酔いで宿屋に待機することになり、彼の役に立てない自分を不甲斐なく感じていた。一方、スプートニクは成り行きで、市内で多発する宝石関連の詐欺事件の被害者から、明日の昼までに結婚指輪を用意しろと要求されてしまい……。今回はスプートニクとの遠出に浮かれるクリューが可愛かった。猫を被っているユキが恐ろしかったが、クリューを溺愛し、彼女の体質の事がバレないよう商会内で手を回してくれていたのが嬉しかった。炭酸にビビるクリューが可愛らしい2016/10/05

まりも

36
クリュー可愛いよ小説の三冊目。宝石商会の管理担当ユキに会う為に、スプートニクとクリューがフィーネチカ市への出張へ向かう話。今回もクリューが可愛すぎて癒されまくりでした。少しでもスプートニクの助けになる為に、自分に出来る事を頑張ってやるクリューは本当可愛らしくて素敵でした。スプートニクの姉貴分的存在・ユキの登場であったり、まさかの人物とクリューが出会ったりと物語としても色々動いてきたので今後の展開もとても楽しみです。本当この二人は良い癒しを提供してくれるなぁ。次巻も期待してます。2016/02/03

よっち

28
宝石商会の管理担当ユキに会うため、スプートニクがクリューと共にフィーネチカ市を訪れる第三弾。二人きりの旅に意気込むクリューが微笑ましかったですが、気になったのはユキとのやりとりで垣間見えたその過去や、一筋縄ではいかない商会の人々との会話から明らかになった現在の状況。騒動の尻拭いに奔走するスプートニクを心配するクリューにも、意外な出会いや思わぬ心配事ができて、この出会いが今後どう繋がってくのか気になりますね。口ではいろいろ言ってもお互いを気にかける二人の関係にほんわかした気分になりました。次巻も楽しみです。2016/02/01

七月せら

15
宝石商会支部に出向くため、馬車でフィーネチ力へ。クリューにとっては久々の小旅行。スプートニクのために張り切るクリューですが、少々空回り…。そんなところも可愛いです。いつも不遜な態度のスプートニクが"弟"として"姉"にオモチャにされているのが楽しいところ。謎は深まるばかりですが、敵と味方の姿がだんだん明らかになってきました。2017/03/17

ランタン

13
炭酸飲むときのクリューちゃんかわいすぎ。2016/06/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10131481

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。