ぽにきゃんBOOKS<br> 宝石吐きのおんなのこ(6)~旅立ちを告げる手紙~

個数:1
紙書籍版価格 ¥715
  • Kinoppy

ぽにきゃんBOOKS
宝石吐きのおんなのこ(6)~旅立ちを告げる手紙~

  • 著者名:なみあと/
  • 価格 ¥597(本体¥543)
  • ポニーキャニオン(2017/09発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784865292640

ファイル: /

内容説明

いつまでも、いつまでも、彼の隣に

大陸東部の穏やかな街、リアフィアット市。
そんな街の片隅に、店員二名の小さな宝石店があった。
――『スプートニク宝石店(ジュエリー・スプートニク)』。
ある日、「宝石を吐き出す」少女クリューと、宝石店店主スプートニクのもとに一通の手紙が届く。
送り主は、宝石商会会長・クルーロル。
内容はクリューへの「エルキュール宝石学校・体験学校」の入学案内だった。
遠く離れた地・大陸統都ヴィーアルトン市での体験学校であったが、クリューは一人でこの体験学校に参加することを決める。

一方、リアフィアット市に残ったスプートニクには、ある異変が起きていた。
その変化に戸惑っていた折、彼にとっては非常に好ましくない客が来る。

クリューとスプートニク。
出会ってから初めて離れ離れになる二人、彼らの胸に芽生えるものとは…。

宝石に愛された少女の、甘くて淡い、ファンタジーノベル。
新章開幕。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

33
宝石商会長クルーロルから宝石学校の体験入学に招待され、一人でこの体験学校に参加することを決めたクリュー。一方、ソアランは気になることに対して私設秘書に調査を依頼する第六弾。旅立ったクーはだいたい予想通りでしたけど、スプートニクの意外な様子には思わずにんまり、そしてここぞとばかりに行動するユキさんはとてもらしかったですね(苦笑)しかし鈍いソアランの発想がまたアレでしたけど、ここで絡んできた私設秘書さんの素性を想像するに、これまた一騒動あるんでしょうか。二人が出会った頃のエピソードも良かったです。続巻も期待。2017/06/15

まりも

31
クリュー旅立つな第六弾。宝石商会長クルーロルからクリューの宝石学校体験入学の招待の手紙が届く所から始まる話。新章突入。クリューの可愛さはいつも通りだったけど、今回はスプートニクも意外な姿を見せてくれましたね。出会ってからこれまでずっと一緒だった2人が初めて離れ離れになった事で、どんな変化が生まれるのかとても楽しみ。ユキとソアランの秘書セシルも登場したりと、新章も色々と波乱が起きそうな予感がするし、これからの展開がどうなるのか気になりますね。巻末のエピソードもほっこり出来て良かった。次巻も期待してます。2017/06/18

スズ

21
宝石商会会長から宝石学校への体験入学のお知らせを貰ったクリューが自分の意思で遠く離れた大陸統都ヴィーアルトン市へ旅立ち、いつも側にいたちんまい従業員がいなくなって寂しげなスプートニクが印象的な6巻。いや~、1巻の頃から比べると格段に成長したクリューに感慨深くなります。最初はガチガチ(付き添いのラッシュへは辛辣だけどね)宝石商商会のトップであるクルーロル邸で早くも気に入られ、沢山の事を学んで店に帰る頃にはどんな風に成長するのか楽しみ。クリュー不在の宝石店で彼女の帰りを待ちわびる寂しがり屋スプートニクいいね。2021/05/29

真白優樹

8
商会会長からの手紙を切っ掛けに、クリューとスプートニクが一時別行動を取る事になる今巻。―――離れて解る君の大切さ、貴方の大切さ。新たな物語の転換、新たな舞台へと物語を移す今巻。そんな今巻は、いきなりスプートニクが瀕死な状況に陥ったり、少しずつ成長の姿を見せるクリューが、新たな地で頑張ってみる巻となっている。離れて解る大切さ。互いを想い合う二人の想いが相好を崩すような温かさと、甘酸っぱさを響かせ吹かせる中、新たな舞台と今までの舞台に別れた二人は、これから先どうにか頑張っていけるのか。 次巻も楽しみである。2017/07/12

リク

6
離れてみて、初めてわかるその存在の大きさ。寂しがり屋なのは一体どっちやら。 クリューの恋の悩みから物語の舞台は広がりを見せる。いつもスプートニクにベッタリだったクリューが学校体験で旅へ。二人が離れてどうなるかと思ってたら、離れたからこそお互いを強く思い合う二人にニヤニヤが止まらなかった。クリューの健気さと純粋さが可愛すぎた。これ絶対クルーロルさんも内心ニヤケてるだろ。まだ学校が始まってもないのに心がボロボロのスプートニクはクリューが帰ってくるまで耐えることができるのか?2017/06/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11838500

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。