ヒーロー文庫<br> 竜殺しの過ごす日々 2

個数:1
紙書籍版価格 ¥638
  • Kinoppy
  • Reader

ヒーロー文庫
竜殺しの過ごす日々 2

  • ISBN:9784072831045

ファイル: /

内容説明

「小説家になろう」で長きにわたってランキング上位に君臨する人気作の第二弾が早くも登場。異世界で活躍する主人公の女装に萌える読者が続出!?

ベラッセンでの暮らしを終えた幸助を待っていたのは、メイドへの変装だった。それは、お見合い真っ最中のホルンのそばに侍るため、メイドとして働くことになったからだ。ハプニングでお見合いが中断となるまで、メイドとして頑張った幸助は一人再びベラッセンへと足を運んだ。そこで初めて目にした「歪み」の存在。街を救い、ダンジョンに潜るなど冒険者らしいことをしていた幸助のもとにエリスがやってきた。そしてとある目的のため幸助を隣の大陸カルホードへと誘うのであった-----早くも話題の人気作の第2弾が登場! 異世界で活躍する幸助の女装ぶりは必見必読!

赤雪 トナ(あかゆき とな): 1981年九州北部に誕生。活発すぎる幼少期から現在へと経過していくうちに大人しくなっていく。
中学の頃に読んだTRPGリプレイが原因でライトノベルにはまっていった。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぽぺ

6
まさに「過ごす日々」の物語であり、そのあり余る高ステータスで冒険者としての日常を追体験できるのが楽しくて仕方がない。加えて次から次へと巻き起こる予想もつかない珍事件や展開に作者の溢れんばかりのサービス精神を感じ、特に異世界でヒーローショーのくだりは、個人的にバイト経験もあり主人公のように派手な演出を妄想してたこともあって「そうそう、こういうのやりたかったんだよ!」と懐かしく思い出した。相変わらず小説としてはTRPG(よくは知らないのだが)のGM的三人称に戸惑いは覚えるもののそれを吹き飛ばす面白い作品である2013/05/16

葛野桂馬@時津風@ハスター

5
力をどんどん付けていく割には、目立った起伏がないな。タイトルが「過ごす日々」だし、「強い力を持った英雄の日常」を描きたいのかな。それなら納得。だけど、冒険譚が読みたい人向けの話ではないかな。日常系好きだし、多分完走はするはず。慌てふためくウィアーレがものすごく可愛かった。2015/03/19

シンヤ

5
地味に面白い。圧倒的に盛り上がりに欠ける、しかしそこがまたいい。でも1巻よりちょっと切れが無くなったかなと、ちぐはぐさが増した?雰囲気はすごくいいけど、物語が淡々と進みすぎて薄く感じてしまうんだよなぁ。メインキャラクタ以外が完全にRPGのNPCに見えるレベルの淡々とした内容、狙ってやっているとしたら評価。メインキャラクタというかヒロインも魅力としてはあと一歩かなと。しかし世界観としての全体的バランスを見たらあり。この盛り上がらなさが魅力かもしれない。しかし今巻は構成がいまいちだったかな。2012/11/06

ささきち

4
つまらんな~物語の目的が日本に帰ることだと思ってたけど違うのかね?物語がよくわからないから進んでいる気がしないし日常生活をだらだら過ごしているだけで面白く無いんですわ、明確な目標を持って行動するなりしてくれればいいんだけどな。この作品はキャラに感情が無いのかと疑うくらい淡々と会話が進むんですよキャラの個性がなくて会話が楽しくない。ヒロインだと思っていたホルンも消滅してこの作品は本当に何がしたいのかがわからない…ヒロイン不在でバトルより雑事優先…男の日常に何の価値があるのだろうか?続きを読むか迷ってくるね。2015/02/02

ケーイチ

4
今更だけど、賛否両論でる作品ですねぇ。わたくしは大好きですが。たしかに浮き沈みはないけれど、日常×冒険のブレンドがとても心地いいと感じました。少しずつ少しずつ難易度と緊迫感が高まっていっていて良い。2013/04/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5552719

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。