文庫クセジュ<br> フランス自然主義文学

個数:

文庫クセジュ
フランス自然主義文学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月20日 15時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 159,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784560509807
  • NDC分類 950.2
  • Cコード C1290

出版社内容情報

ゾラとモーパッサン、ゾラに反発した「五人の宣言」、「ナチュリスム」を唱えた作家など一時代を画した文学運動の軌跡。

内容説明

19世紀後半のフランス文学に大きな流行をもたらした自然主義とは何だったのか。本書はこの運動を歴史的・社会的観点から広く検討し、起源から現代への影響までを視野に収める。ゾラ、モーパッサン、ユイスマンスだけでは見えない時代の精神が明らかにされる。巻末に作家略伝を収録。

目次

第1章 指標となる年代
第2章 自然主義の理論
第3章 個人とグループ
第4章 フィクションの技法
第5章 自然主義の受容
結論

著者等紹介

足立和彦[アダチカズヒコ]
1976年生まれ。大阪大学大学院博士後期課程単位修得退学。パリ第四大学博士課程修了。現在、大谷大学任期制助教。専攻はフランス自然主義、特にギ・ド・モーパッサン(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

G三世

11
タイトル通り、フランスにおける自然主義文学の歴史・概念・技法・古今の評価をまとめてくれている。小説という言葉の内包する範囲が求める文学と異なっていると感じていたゾラは、「実験小説」という言葉の普及を求めていたそうだ。何も知らない人に「自然主義文学とはなんぞや?」と聞くより、「実験小説とはなんであろう?」から生じるイメージの方が、およそ自然主義文学の主張に見合っていたのは事実だろう。現実を分析し、人物を配置し、文字という仮想空間で行われる人々の営みの実験。徹底した場合、このようなことを求めていたようです。2015/12/01

ラウリスタ~

5
タイトルの通り、フランスの自然主義文学運動についてざっくりと書かれてある。一つのことについて長く書くのではなく、「はい次!」って感じにどんどん進む。どんな作家、作品があって、それらの関係は?とか気になったときに振り返りやすい構成だと思う。文学史の教科書から自然主義の項目だけをとり出して、大幅に加筆した感じかな。今では忘れられた作家も少なくはないし、自然主義なんてものをどう定義するかは難しい問題だと思うが、そこを過不足なくまとめた印象。2013/05/28

きつね

5
膨大な作品・作家の紹介を大づかみだが説得力のある切り口で配置してくれて助かる。といっても、邦訳されてない作家が多くてつらいが…。個人的には第四章「フィクションの技法」1.科学的小説 2.主人公の終焉 3.非人称的エクリチュール のとこが面白かった。あとモーパッサンが語った作家サークルの牧歌的風景がフィクションだった(pp73-75)という話は作家像形成の問題として面白い。2013/05/20

Reina SAIJO

1
「文学での自然主義とリアリズムの違いが今ひとつよく分からない」「自然主義は自然科学を模範にしてたらしい。どういうことなのか気になる。」という漠然とした疑問を持って本書にあたったのだが、入門書として親切で楽しく読めた。物足りない個々の論点を深めたくなる。自然主義の自然主義たる所以はいくつかあるようで、「観察と実験を通じて社会的現実のあり方を明らかにする」「生物種の分類のように、人間を社会的環境に即して分類する」「事実を写し取るのであって、理念や規範を作品に投影するのではない」というような特徴があるようだ。2017/01/13

トクナガシンイチ

0
フランス自然主義文学とは何なのか?ということが知りたくてこの本を手に取った。その疑問は解決し、自然主義文学とは調書的な内容を持った作品群であるという感じを受けた。 ただ新たな疑問として、一般的にフランスの自然主義文学が日本の私小説に影響を与えているとされているが、自然主義文学が調書的な内容なのだとすると、主観性を推し進めた私小説とはまた違うのではないかと思った。 もしかしたら自然主義が日本に入ってきたときに受容の仕方でどこか誤解釈があったのかもしれない。 もし知っている人がいたら教えてください!2020/01/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6641033

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。