角川コミックス・エース<br> Fate/Apocrypha(3)

個数:1
紙書籍版価格 ¥638
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

角川コミックス・エース
Fate/Apocrypha(3)

  • ISBN:9784041057650

ファイル: /

内容説明

徐々に蠢き始めた赤と黒の陣営。黒の陣営のキャスターによって命を消費される寸前、ホムンクルスの少年は脱走し、アストルフォによって助けられる。名もなく、虚弱なひとりのホムンクルス。彼の辿る運命は――。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

わたー

13
★★★★★赤のバーサーカーであるスパルタクスの暴走を皮切りに、赤と黒のサーバントたちの闘いが幕を開ける。躍動する筋肉ダルマ。マスタの性欲の捌け口にされるアストルフォ。愚鈍なゴルドおじ様に振り回されるすまないさん。串刺し公の面目躍如なヴラドおじ様。普通に可愛いフランなど、見どころ満載でとてもよかった。これから暫くジャックの出番がないことだけ寂しい。次巻は、初めての脱落サーバントが出るあたりまでコミカライズされるのだろうか。楽しみだ。2017/06/24

水生

7
赤のバーサーカーの暴走から始まる乱戦。策略と武力のぶつかり合い。黒のセイバーは、描写の多い漫画版の方が不遇度が増してしまっている気がする……。2020/03/17

にぃと

6
登録埋め。 赤バーサーカーの襲撃による戦闘の始まり。後半はまるまる戦闘なので迫力があって読んでて楽しい。赤ライダーの圧倒的な強さとそれ以上の能力を持った黒アーチャー。真名にふさわしい活躍っぷり。 この巻は出番の増えたキャラクターも多いけど可愛さなら黒バーサーカー。 この巻は黒ライダーの半裸シーンもある。可愛く見えても体がしっかり男なのは高評価。やっぱり彼はこうじゃないと。2021/06/23

alleine05

6
3巻目だけどまだまだ序盤戦といった感じ。予想はしていたけどやはり長いシリーズになりそうだなこの作品。あの『まおゆう』すらちゃんと完結まで描いてくれた作者だから、長くなっても大丈夫だろうという安心感があるのはありがたい。2017/07/02

金目

6
盛り上がって参りました!赤のバーサーカーの暴走をきっかけに、両陣営が激しくぶつかり合い、互いの技量と矜持が衝突する。これぞ聖杯大戦って感じですね。ロードのたたずまいも堂々と、赤のバーサーカーをたたえるヴラド公とか、矢を打ち落とされて歯をむき出す赤のアーチャーとか、性格が出てて大変よろしい。仲良し主従では黒のアーチャー、バーサーカーがいい感じ。和むわぁ。黒のアサシン陣営はどうしようもないwケイローンとアストルフォのやり取りが完全に教師と生徒w私は厳しくしますから、あなたは甘やかしなさいって何それwww2017/06/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11915111

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。