角川コミックス・エース<br> Fate/Apocrypha(8)

個数:1
紙書籍版価格 ¥682
  • Kinoppy
  • Reader

角川コミックス・エース
Fate/Apocrypha(8)

  • ISBN:9784041086872

ファイル: /

内容説明

吸血鬼と化したヴラド三世とダーニックを消滅させたシロウ神父の正体はルーラー・天草四郎時貞だった。彼は自らの目的を「人類の救済」と宣言し、『黒』のキャスター・アヴィケブロンにある交渉を持ちかけるが――。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

わたー

15
★★★★★遂に明かされた赤のマスター、シロウ・コトミネの正体。冬木の第三次聖杯戦争で呼び出されたルーラー天草四郎時貞。彼の標榜する人類の救済とは一体……という訳で、物語も後半戦に突入。かなり濃い展開で非常に面白かった。次はいよいよジャックちゃんメインかな?楽しみ。2019/11/27

水生

8
黒のキャスター“アヴィケプロン”の寝返り、「王冠;叡智の光」の解放。ロシェ死亡。セレニケをモードレッドが殺害し結果的にジークを救う形になる。一時の共闘と腹の探り合い、緊迫感が高まる。2021/07/07

だいらかずよ

5
え〜こんな寝返りってあるん?黒のキャスターが寝返って赤のサーヴァントが黒と一時共闘?凄い話だわ。しかもサーヴァントがマスターになるってなんでもありかっ!2020/11/27

毎日が日曜日

5
★★★2019/11/28

金目

3
シロウの正体が明かされ、いよいよ大戦は激化。アヴィケブロンの宝具ゴーレムケテルマルクトに挑むサーヴァントの共闘が熱い。ゴルドさんが予想を超えた成長を始めるの巻(笑)ジークフリートに変身したジークを見るゴルドと、ジャンヌの表情が実に味わい深い。ゴーレムと正面から打ち合いながら、モーさんに詐欺交渉される聖女が面白かった2019/12/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14644492

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。