文春e-book<br> 司馬遼太郎短篇全集 第十一巻

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,885
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春e-book
司馬遼太郎短篇全集 第十一巻

  • 著者名:司馬遼太郎
  • 価格 ¥1,833(本体¥1,667)
  • 文藝春秋(2016/03発売)
  • 【Kinoppy】文藝春秋 時代小説フェア ポイント30倍!(~2/3)
  • ポイント 480pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784166415601

ファイル: /

内容説明

司馬文学に新しい光をあてる豊かな短篇小説の世界
1967年から68年に発表された九篇を収める。68年4月、「坂の上の雲」連載開始。作家・司馬遼太郎は大きく変貌しつつあった

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

37
1967年から68年10月ごろまでに発表された作品が収められています。豊臣家の人々の第5話から9話までと、「故郷忘じがたく候」という作品集に収められたものがいくつかあります。表題作と、「斬殺」「胡桃に酒」ですがやはり薩摩焼の話の表題作が印象に残りました。2015/04/03

gauche

3
司馬遼太郎の短編には著者自身が見聞きした人を落語の枕のようにして始まるものがいくつかある。「余話として」の材木商の話だったり、タイトルが思い出せないが医者から藩の執政になる話などだ。本書に所収されている「故郷忘じがたく候」もその一つで、どこまでが本当でどこからが小説なのか分からない、不思議な味わいがある。2018/09/24

シノッツォ

0
『胡桃に酒』。明智光秀の娘、細川たま(ガラシャ)の生涯をテーマにした作品。明智家からの嫁入り、婚礼儀式からたまのことを知る少斎が、関ヶ原の役の際に、たまを殺さねばならなかった時の思いとはどんなものかとも思う。2018/12/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/202294

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。