文春e-book<br> 司馬遼太郎短篇全集 第三巻

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,885
  • Kinoppy
  • Reader

文春e-book
司馬遼太郎短篇全集 第三巻

  • 著者名:司馬遼太郎
  • 価格 ¥1,833(本体¥1,667)
  • 文藝春秋(2015/11発売)
  • ポイント 16pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784166414802

ファイル: /

内容説明

司馬文学に新しい光をあてる豊かな短篇小説の世界
いよいよ『梟の城』で直木賞受賞、作家・司馬遼太郎の大活躍がはじまる1960年に発表された12篇を収録。単行本未収録作4篇を含む

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

42
新選組血風録の作品が多かったので前にさかのぼって少し毛色の違う作品を読んでみました。こちらのほうが忍者ものなどで読んでいても楽しめます。以前ほかの本でも読んだことなどがある作品が多いのですが、エンターテイメント系ですね。2015/02/26

ジャズクラ本

10
再読◎執筆は1960年代の作品群。2巻までに折々見られた現代小説はこの後書かれることがなくなり、歴史物、しかも国内に限られたものになっていく。「壬生狂言の夜」といった幕末物も表れ始める。ただ、後年におもな主題となっていく人間の矜持を描いた作品はこの時期にはまだ少なく、儚い余韻を残すものや幻妖的なものが多い。個人的にこの巻は「みょうが斎の武術」と「けろりの道頓」が抜きん出ていると思う。唯一の現代小説である「ある不倫」は司馬らしくない作品の筆頭。世間の評価が良いとは思えないが嫌いではない。2015/09/01

ArenasR

8
やっぱ司馬さん大阪好きやねんなーとか、規範の外にある「気儘」に惹かれはんねんなーとか思いながら読んでいたが、自分のなかでかためつつあった感想全て、最後の『牛黄加持』で吹っ飛んでいった。こいつぁどこの山田風太郎さんですか。いや何に例えれば一番ええんかわからんけども。まあ具体的方法は措くとして、仏教が政治が生々しく絡み合っていた様子とか、どういう位置付けのものだったかという点で面白いなあとは思いますけども。にしても「むせぶがごとく撫でよ」とかいう台詞、よう思いついたな... どこを撫でよかは読んでください。2016/05/22

がんぞ

5
本格的に作家デビューした翌年の昭和35年、長編『上方武士道』『風の武士』(ともに週刊誌)、『戦雲の夢』(月刊誌)、中編現代もの推理小説『豚と薔薇』(週刊誌6回連載)を発表しつつ、この12編を書いた(ほか第1巻の同人誌時代の作品も商業誌披露)/倒幕と恋愛感情を関連させる『丹波屋の嬢さん』『みょうが斎の武術』『壬生狂言の夜』『黒格子の嫁』。『外法仏』『牛黄加持』は仏教知識(密教関連)を活かした。明治維新(あるいは類似して関ヶ原など)を転機に一変した道義=ライフスタイルというテーマが多いが、やがて昭和維新を追求2017/06/05

ひらり庵

4
最後の2編がもてない男の話だった。「壬生狂言の夜」。予六の「ええおなごやが可哀想に、男の真贋の区別を知らん」は、一度は言ってみたい台詞だ。また、「牛黄加持(ごおうかじ)」は、「○○は俺の嫁」という話。これをこじらせると「秒速5センチメートル」の彼のような人生になる。しかし、義朗のように、良き師の元でこれを昇華させると、不犯の生涯という一つの到達点である。2013/12/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/574695

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。