ビッグコミックス<br> Sエス―最後の警官―(5)

個数:1
紙書籍版価格 ¥576
  • Kinoppy
  • Reader

ビッグコミックス
Sエス―最後の警官―(5)

  • ISBN:9784091840462

ファイル: /

内容説明

NPS隊員の束の間の休日、隊員の一人、古橋の自宅に一人息子の史朗が訪ねてくる。史朗は、離婚した元妻と暮らしており、今は離ればなれ。久々の再会に戸惑う古橋は、史朗来訪の真意に気づけず、史朗を深く傷つける結果に…。父子はお互い歩みよれぬまま、史朗と迎えにきた元妻は高速バスに乗り帰路につくが、そのバスがバスジャックされてしまい!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Rira

13
神父編が終わりバスジャック編に入りました。神父編は漫画のほうが深かった気がしますが、バスジャック編は今巻までだとドラマのほうが展開も速くて好きですね。次巻も楽しみです。2014/03/01

流之助

9
何が正しくて何が悪なのか。そんなふうに二分して線をひければいいのに。それができないからたくさんの人の合議でつくられた裁判というシステムがあるわけだけれど、運用するのもまた線引き不可能な部分を多く持った人で在って・・・。蘇我くんがSATで肩身狭くなっててつらい。2020/05/03

マーム

9
「神父」事件は意外な展開でしたが、あっさりと解決してしまった感がありますが、「正義」とは何か、特にマスコミにおける「正義」とは何か、ちょっと考えさせられました。 続くバスジャック事件は、緊迫感をはらんだまま次巻に続きます。 今回、ゆずるの出番が少なかったなと思いましたが、カバー裏のマンガにもしっかり登場していました。2011/09/03

めぇにち

5
事件解決に向かって簡単に協力できればいいのにな、と思う。2013/09/16

かなっち

4
コ〇ン君同様この手のシリーズは、主人公の周りで事件が絶えませんね(苦笑)。それはさておき、今回は自殺幇助の『神父』と呼ばれた男の話と、バスジャック犯のお話です。自殺幇助の話は、一方では救いになって自殺を防いでいたのが印象深かったです。そして、主人公が手を当てると化学反応を起こす…というのが興味深く、不思議で面白いですね。もう一つのバスジャックの話では、現実でもよく聞くのでリアル感があり、ドキドキしました。というか、人質の命が掛かってるのに、権力争いや縄張り争いをしてる場合ですか(怒)!?2021/11/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4003456

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。