あしたのファミリア(2)

個数:1
紙書籍版価格 ¥460
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

あしたのファミリア(2)

  • 著者名:樋口彰彦【著】
  • 価格 ¥462(本体¥420)
  • 講談社(2013/02発売)
  • ブラックフライデーの週末!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 120pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063801217

ファイル: /

内容説明

日月(たちもり)館に入居した吸血鬼・ノイの過去を知る、四十九院夜路(しじゅうくいん・よみち)が登場し、物語は急展開したのかしてないのか! ヘルシング・フォースの呼乃花(このか)対ノイも加速し、怪異集まる日月館には、今日も災厄が集まってます! ――こいつは正統派(ガチ)な少年漫画だ!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

exsoy

13
歯がギザギザのキャラが出てきたのでちょっと水上悟志っぽいなと思った。そういえばヒロインの名前は「ノイ」。2013/01/17

東西

4
さて、ラブコメしつつも、怪異をけしかける敵が明らかになってきて、4人の敵幹部も現れると、盛り上がってまいりましたね2013/05/05

かすてら

4
明日にも秘められた力が!って盛り上がってきました。のじゃ口調のノイが可愛くてしょうがない。2011/06/05

kama_meshi

4
物語が進んで、先が気になっていく巻。異種族ラブラブまったり系かと思ったら、ノイの秘密に関することやノイを縛る敵が出てくるなど展開が早い。主人公のノイを思う気持ちを試されたりと、読み応えがある。それぞれが欠けていて、「家族」を求めるキャラクターたちの心情も理解できて、共感が持てる。早く、3巻が読みたい。あと、ノイの可愛いさはガチ。ガチですよ(大事な事なので2度言いました。2010/08/09

ユキまる

3
あーもう、ノイ可愛いよノイ(ゴロゴロ 不意打ちで見せられた赤面にヤラレる事数分。しかしこのロリ吸血鬼、デレ過ぎである。中二設定・バトル展開が加速していてるのは少年漫画らしくワクワクして良いのだけど、もっとラブい話やコメな話、のほほんとした雰囲気のモノを読んでみたい。せっかく名脇役も揃ってるんだし。2010/08/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/619990

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。