あしたのファミリア(1)

個数:1
紙書籍版価格 ¥460
  • Kinoppy
  • Reader

あしたのファミリア(1)

  • 著者名:樋口彰彦【著】
  • 価格 ¥462(本体¥420)
  • 講談社(2015/03発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063801040

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

集合住宅日月(たちもり)館の管理人・日月明日(たちもり・あした)のもとへやってきた入居者は吸血鬼(ヴァンパイア)ノイだった!? 貳口女(フタクチオンナ)にトイレの花子さん、対怪異戦闘のスペシャリストなど、災厄集まる日月館を舞台に、バトルありロマンスありの非日常生活をお届けする、新感覚ファンタジーです!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

exsoy

5
エヴァさまー!…あ、違った。2011/12/16

takao

4
とにかく、ノイが可愛かったなぁ、という感じです。尊大な感じで現れたのに、家族として認められてからはでれて。表情が豊かで良いなぁ、と思いました。キャラクターもどんどん増えましたが、そこもなかなか良い感じですね。特に、呼乃花は、今後ノイのライバルとして活躍してくれそうです。最後は今後に期待が持てそうな終わり方で終わっているのも好印象。続きが楽しみです。2010/08/07

阿輸迦

3
主人公・日月明日とノイの関係が、どうなっていくか?2017/02/22

kama_meshi

3
ノイが可愛いなぁ。落ちモノ系だけど、両親を亡くして家族の団らんに憧れる主人公と、強すぎる能力故家族から疎まれた吸血鬼のノイとの結びつきがいい。ベタ惚れしたノイが主人公アタックしていく所とかは厭味が無くていいな。ノイの宿敵、バンパイアハンターの呼乃花にも惚れられてしまうのだけど、ラブコメとしても上手く盛り上げていて退屈させない。サブキャラたちも個性があって要所要所に絡んでくるので物語の幅も広いと思う。次巻も楽しみな作品です。2010/08/09

ニル

3
衝動買い。表紙の金髪幼女犬歯が元凶。潰れそうな集合住宅の再建に奮起しようとする主人公の下に、金髪幼女犬歯吸血鬼の女の子が転がり込んでくるゴールデンパターンですが、トイレの花子さんにヴァン・ヘルシングに三つ編みメイド妖怪と、脇が面白いです。とにかく作画がとても綺麗で丁寧。戦闘は演出も良い。何よりも金髪幼女犬歯吸血鬼の腋が描かれている。至高の腋。2010/04/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/434352

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。