ファミ通文庫<br> B.A.D. 2 繭墨はけっして神に祈らない

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader

ファミ通文庫
B.A.D. 2 繭墨はけっして神に祈らない

  • ISBN:9784047264441

ファイル: /

内容説明

「まぁ、どちらにしろ、退屈な話だけどね。ボク好みの要素なんて欠片もないよ」欠伸をしながら黒いゴシックロリータを纏った少女・繭墨あざかは言った。”動く落書き”の犯人を捕まえる。いつも通りの馬鹿げた事件は、僕と繭墨を異能の一族・水無瀬家の誇りと絶望と裏切りの渦中に巻き込んでいく。自らの矜持のため、人の命を踏みにじる彼らに僕は怒りを覚えるが--。残酷で切なく、醜悪に美しいミステリアス・ファンタジー、大反響の第2弾!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

坂城 弥生

44
狂っていても守りたいものがちゃんとある。だから多分私は雄介を嫌いじゃないし、白雪の兄も嫌えない。ただ一つ譲れないものを守ろうとする人間は美しいとやっぱり思うから。2020/12/31

Yobata

27
描いた絵が具現化する異能の一族・水無瀬家の裏切り者が驚異の儀式「神卸し」を実行しようとするのを水無瀬家当主は誇りを賭けて繭墨と共に防ごうとする物語。今回は連作短編形式。水無瀬家での闘争,金魚屋敷,飢えた犬の末路,裏切り者との最終闘争の4編。亡くなった妻のためにもう一度逢いたいがためにこの世に神を卸そうとした悲しい愛の物語…風に終わるが、自分としちゃ妹を生贄にして、一族を抹殺して自己満足のため他人を巻き込んだ悪魔にしか見れなかったw後味の悪さというか結果を考えさせる物語は健在。金魚屋敷の更紗と蝶尾、そして→2013/04/05

とら

26
今巻も、独特の雰囲気で物語は進む。何だか他の小説とは常軌を逸している様な気がする。でもその異質さ加減が、良い。連作短編の様に見えるが、全編繋がりが在る。時折入る濃い字の部分、それと語りの部分が良い味を出していて良い。グロテスクな描写は省かれたが、作品から発する空気は変わっていない。次巻もこの雰囲気を保って欲しい。2011/05/16

た〜

22
なかなか見事な身も蓋も無さ2014/10/30

KEI

15
購入。前巻は乗り遅れましたゆえに今回は早めの読了。前巻より不気味さは軽減。読みやすさと面白さが増しました。1巻でキャラ紹介、設定紹介込みの短編にし、2巻では長編と。ある種、常道な攻め方という印象を受けた。 「異能者」は人間ではない。此の世界とは別種の彼岸に生きるゆえ、僕らの考えるような生活は送れず、きっとまともな末路は存在しないのかもしれない。それでも、大切な人を亡くした気持ちは此岸の人間となんら変わりはしないのだろう。次巻にも期待。2010/03/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/341205

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。