ファミ通文庫<br> B.A.D. 6 繭墨はいつまでも退屈に眠る

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader

ファミ通文庫
B.A.D. 6 繭墨はいつまでも退屈に眠る

  • ISBN:9784047273962

ファイル: /

内容説明

「なぜ眼球を抉るんだろうね?」平穏な日々を嘲笑うかのように繭墨あざかは問いかける。近隣を騒がす目潰し魔。そいつに眼球を狙われていると、チョコレートを齧りながら優美に語る。まるで危機感のない繭墨を急かし、事務所から避難させようとした矢先、傘を掲げたヤツが現われた。その紅く濡れた傘が僕の頬を掠めた瞬間、鋭い痛みが眼孔を貫き--僕の視界は血に染まり消失した。残酷で切なく、醜悪に美しいミステリアス・ファンタジー第6弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

坂城 弥生

44
七海が綾に向けた言葉が優しいすぎて、この子本当に小学生?でも子供だからこその率直さなのかな。どちらにしろ只者じゃない。 storyⅠの眼が怖いって話はわかる気がするし、この結末は彼にとって幸せだと私は思った。不自由さはイコール不幸ではないのだから。2021/01/01

Yobata

22
何よりも恐ろしいのは怪異ではなく、人の心。人々の行き過ぎた感情である。今回は、人の眼球を抉り続ける眼潰し魔,女(?)を使役する死体処理屋,闇鍋を囲む綾や七海,鴉に囲まれた鳥籠に囚われた人達の4編。今回は人間の心の闇の部分が怪異になったような話なので、かなりリアル感があるし、醜悪さがハンパなかった。悦びと苦痛、それは表裏一体。自分を救える者は、自分だけ。自分の幸福は、自分が決める。天国か地獄か決めるのは人の心に過ぎない。眼球の話も凄かったけど、鴉の話は本当に最後までえげつなかったな…。→2013/04/18

た〜

16
狐が去ってその後のベクトルは未だ見えず。色々と悪趣味なのは相変わらず。2015/07/07

伊瀬有佐

10
StoryⅠ・Ⅱは小田桐くんと繭さん。StoryⅢは綾のことがありつつも、雄介や七海と一緒にどんちゃん騒ぎ。すまん、もうStoryⅣは、据え膳――もとい白雪さんに持ってかれて肝心の依頼はもうどうでもいい。相変わらず『B.A.D.』は女性陣が強い。口絵の白雪さんの泣き顔だけでお腹いっぱいですご馳走様でした。七海さんの綾さんへの言葉が格好良すぎて惚れそうです。繭さんは相変わらず。雄介も復活したようで何よりです。ところで繭さんにハリポタの蛙チョコレート与えたらどうなるのかとふと思った(まったく関係ないな)。2011/08/17

ソラ

9
「なぜ眼球を抉るんだろうね?」平穏な日々を嘲笑うかのように繭墨あざかは問いかける。近隣を騒がす“目潰し魔”。そいつに眼球を狙われていると、チョコレートを囓りながら優美に語る。まるで危機感のない繭墨を急かし、事務所から避難させようとした矢先、傘を掲げたヤツが現われた。その紅く濡れた傘が僕の頬を掠めた瞬間、鋭い痛みが眼孔を貫き―僕の視界は血に染まり消失した。2011/11/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3498380

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。