ビッグコミックススペシャル<br> シュトヘル(1)

個数:1
紙書籍版価格 ¥649
  • Kinoppy
  • Reader

ビッグコミックススペシャル
シュトヘル(1)

  • 著者名:伊藤悠【著】
  • 価格 ¥693(本体¥630)
  • 小学館(2013/07発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784091825292

ファイル: /

内容説明

見知らぬ時代、見知らぬ国の戦場。その凄惨な光景を毎夜、夢に見る高校生の須藤。ある日、楽器の工場である彼の家に、転校生の鈴木さんが訪ねてくる。彼女がその場で馬頭琴を奏で“シュトヘル”と唱えた途端、須藤は時空を越え、夢で見た国の女戦士に姿を変えていた。そして目の前には、鈴木さんに瓜二つの少年が。その少年は須藤に“シュトヘル”と呼びかけ…。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kanon

29
『皇国の守護者』の伊藤悠さんが描いたということと、小学館の単行本買ったら広告が入っていて気になっていた作品。手塚治虫文化賞新生賞を受賞したという話を聞き、ついに購入した。モンゴルか!今中国とかの歴史好んで読んでたからめちゃくちゃのめり込めた。紛れもなく面白い。第一話でこれ、ただのタイムスリップものか?と思ったら、物凄い重みのある壮大な過去話をいきなり聞かされることになり、”ただの”物語ではないなあと思った。まだ序章に過ぎないんだろう。圧倒的画力で描かれるこの作品、次巻も期待して読みたいと思います。2012/10/15

kilioi

26
『皇国の守護者』のときにも思っていたが、この作家さんの絵、特に獣が活躍する場面が、すごく勢いがあって好きだな。大夏文字に対するユルールの思いや託された玉音同と、シュトヘルの関わりが気になる。現世の須藤くんとスズキさんもまた出てくるのかな。おまけ漫画の流星掌には降参する。そしてWxYはどこへ?2013/02/26

眠る山猫屋

25
西夏文字を守りたいと願うモンゴル配下の部族の皇子ユルールと、モンゴル侵攻に抗う女兵士シュトヘル。出だしは来世(現代)だし、二人の物語は交差しないし、焦らされまくり。でも面白くなりそうな匂いはしてます!さぁ二巻へ。2017/06/04

さとまみ(コミックス&BL小説専用)

20
3巻無料に飛びついた。イヤー、面白い。2016/08/29

小梅@灯れ松明の火

19
『皇国の守護者』は全巻揃えていますが、まだ読んでない(ヲイ)。その画力に惹かれて本作を買ったのが2年前。本棚の奥で眠っていたのを書店で最新刊の第4巻を見つけて「おお、まだ続いてる!」と驚き、慌てて引っ張り出して読み始めた次第です。しかしこの伊藤悠とゆうヒト、画が巧いなあ。巧いとゆうより力強さがあるとゆうべきか。とにかく骨太の巧さだ。ストーリィも素晴らしい。『皇国の守護者』には原作の小説があったと思うが、この作品は完全に伊藤悠のオリジナル。13世紀初頭の西夏国(タングート)。侵攻する蒙古軍。文字を巡る戦い。2011/05/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/568639

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。