ビッグウイング(12)

個数:1
紙書籍版価格 ¥555
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ビッグウイング(12)

  • 著者名:矢島正雄【作】/引野真二【画】
  • 価格 ¥605(本体¥550)
  • 小学館(2014/06発売)
  • シルバーウィークの4連休 Kinoppy 電子書籍 全点ポイント25倍キャンペーン(~9/22)
  • ポイント 125pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

▼第1話/肩ぐるま▼第2話/から揚げ▼第3話/搭乗券▼第4話/鏡▼第5話/一輪のバラ▼第6話/ヒーロー▼第7話/公衆電話▼第8話/道●主な登場人物/吉川久美子(新東京国際空港“ビッグウイング”の受付=ツアーデスクの新人。困っている人を見るとほうっておけない性格)、江頭主任(久美子の上司。久美子のことを厳しく、かつ優しく見守っている)●あらすじ/ぬいぐるみショーで賑わうビッグウイング。そこへ通りかかった経済評論家の牧田は、肩車された子供の靴がまぶたに当たり、その父娘を怒鳴り散らす。久美子に診療所へ案内され、手当てを受けた牧田だが一向に彼の怒りは収まらない。だがしばらく後、久美子は別人のように佇む牧田を見て心配になり、声をかけてみると…(第1話)。●本巻の特徴/近くにいるのに分かり合えない、離れていても分かり合える―― 親子の関係には、様々な形がある。表題作「肩ぐるま」他、親子の愛情物語が感動を呼ぶ8編を収録。