ビッグウイング(13)

個数:1
紙書籍版価格 ¥555
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ビッグウイング(13)

  • 著者名:矢島正雄【作】/引野真二【画】
  • 価格 ¥605(本体¥550)
  • 小学館(2014/06発売)
  • シルバーウィークの4連休 Kinoppy 電子書籍 全点ポイント25倍キャンペーン(~9/22)
  • ポイント 125pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

▼第1話/父の日▼第2話/飲み仲間▼第3話/五円玉▼第4話/帰国▼第5話/フルート▼第6話/ソラリーボード▼第7話/誕生日▼第8話/メール●主な登場人物/吉川久美子(新東京国際空港“ビッグウイング”の受付=ツアーデスクの新人。困っている人を見るとほうっておけない性格)、江頭主任(久美子の上司。久美子のことを厳しく、かつ優しく見守っている)●あらすじ/毎朝ビッグウイングへ歩いて通う初老の男・谷口。その行動を不審に思った谷口の娘は、久美子と父親が親し気に話す様子を見て、二人が良からぬ仲なのではと疑う。谷口は、かつて会計事務所で働いており、その仕事振りは顧客や研修社員にも評判がよかった。だが、資格を持っていないためヒラ社員のままで、報われることなく定年を迎えてしまい…(第1話)。●本巻の特徴/久美子の明るさと優しさは、幼い日に亡くした母親譲りだった…魂を温かく包む8編を収録。