赤かぶ検事<br> 信州湯の町殺しの哀歌 - 連作推理小説

個数:1
紙書籍版価格 ¥555
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

赤かぶ検事
信州湯の町殺しの哀歌 - 連作推理小説

  • 著者名:和久峻三
  • 価格 ¥540(本体¥500)
  • 光文社(1999/05発売)
  • 秋分の日の三連休!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 ポイント25倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 125pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

二十億円もの大金を横領し、服役中だった矢部亮が脱走した。外に待たせた仲間の車で逃げるという計画的な手口だった。脱獄囚の行方が知れないなか、かみさんの春子と温泉旅行に出かけた赤かぶ検事。ところが、露天風呂に入って腰をぬかした。風呂に女の死体が浮かんでいたのだ! しかも現場の遺留品から矢部の指紋が……(表題作)。事件続出、赤かぶ検事困惑!?

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数53件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす