双葉文庫<br> 餓狼伝 : III

個数:1
紙書籍版価格
¥880
  • 電子書籍
  • Reader

双葉文庫
餓狼伝 : III

  • 著者名:夢枕獏【著】
  • 価格 ¥536(本体¥488)
  • 双葉社(2014/02発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784575502701

ファイル: /

内容説明

格闘小説の金字塔が遂に電子化!

空手・実戦空手・プロレス・サンボ……。雌雄を決すべく格闘技日本一「北辰館トーナメント」の日が近づいた。格闘家・丹波文七の血はたぎる。大河格闘技ロマン第三弾。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぽかちゅう48

8
今巻は松尾象山と堤城平がお気に入り♪プロレスラーの梶原と長田よ、プロレスを見に来たお客の前でガチ寄り勝負をし出すのはやめておくれ(^^;するなら道場で!…って思っちゃった(爆)試合ではエンターテインメントとしての盛り上げプリーズ!(笑)この作品には毎回UWF初期?の様な時代感を感じます。…ラストの松尾象山に惹かれて、次の巻へ!(^^)2017/09/15

あかつや

3
北辰館に一人乗り込んできた東洋プロレスの長田。彼は会社に辞表を叩きつけトーナメント参加を申し込みに来た。全てはプロレス最強を証明するために。プロレスとはなんぞや格闘技とはなんぞやってのは、今でこそ明確な線を引かれた感があるが、当時のファンにとっては重要だったもんな。その熱い気持ちがUWFを生んだわけだが、そういう熱が小説にも込められていると感じる。梶原vs長田の試合に徐々に引き込まれていく観客たち。リング上の選手の攻防に静かに息を呑み、拍手を送る。そういう観戦の姿勢がその頃はあり、今も少し残ってたりする。2023/03/20

3
戦う理由。2022/09/14

生活相談屋

3
面白い。バガボンドを空手に置き換えたような物語だな。永遠に読んでいられるわ。2019/04/15

3
虎王ってなんだ? 4巻目にむかってすごい「引き」。2012/02/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/366203
  • ご注意事項