異世界のんびり農家 15

個数:1
紙書籍版価格
¥1,430
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

異世界のんびり農家 15

  • 著者名:内藤騎之介【著】/やすも【イラスト】
  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • KADOKAWA(2023/04発売)
  • 夏休みは読書三昧!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~7/21)
  • ポイント 325pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784047374331

ファイル: /

内容説明

魔王国の経済力、軍事力との差が開きつつあることに焦る人間の国々。
このままではさらに差が開くと、魔王国を調べるために密偵を派遣した。
そうして魔王国に侵入した密偵たちが各地で巻き起こすトラブルに、右往左往……することのない、“大樹の村”の面々。
トラブルがトラブルにならない“大樹の村”では、いつも通りの日常が謳歌されていた。
…………。
とりあえず、海に向かってラーメンへの愛を叫んでいる人は気にしなくていいと思う。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

こも 零細企業営業

23
いきなりインフェルノウルフが現れて、クロイチで慣れていた魔王が不用意に近付いて、攻撃されてしまう。そのインフェルノウルフをヒラク村長が向かいに行って村に連れて帰る。そしてあっという間に4匹のメスに、、強く生きろよ!そんな大樹の村の恩恵を受けたせいか魔王の国は経済的に発展して、人族の国との国力はドンドン開いて行った。勇者は殺されたら生き返らなくり、剣聖と聖女は魔王の国におり軍事的にも魔王の国が圧倒している。そのせいで、魔王国との和睦に動き出す人族の国々。反魔族の旗に集っていた人族の王国は魔王の国とコンタクト2023/04/28

nishiyan

11
大樹の村の影響もあって経済的に発展する魔王国。それに危機感を覚えた人間の国の密偵が五ノ村で暗躍して…という本巻。魔王とひと悶着あった野良インフェルノウルフが村に連れて来られてから村長に何かと気遣われているのはさすがに(笑)。またヴェルサに端を発したザブトンの激怒には驚いた。密偵たちはカレーにラーメンと食に魅了されたり、魔王にスカウトされて野球を興じたりとなかなか酷い。魔王国組のゴールたちは面倒ごとを振られて大忙しと安定の展開。ラストの悪魔族の起こした騒動は中途半端なところで終わったのは残念。次巻が楽しみ。2023/04/28

bluets8

8
18年目の夏から秋まで。魔王国と人間の国々の関係の変化と、それぞれの思惑をもって人間の国から送られてきた密偵達。そして、その思惑を全てぶち壊していくラーメンの話。作中では映画を文化爆弾としていたが、一番の文化爆弾はラーメンだったw 魔王国では近々、人間の国でもその内肥満と高血圧が問題になりそう。村で目立った話題は、クロ一族の新入り。野生のインフェルノウルフまだ居たのね。人も狼も上の思惑とパワーバランスに振り回される、世知辛さと哀愁を感じる回だった。そろそろweb版更新分に追いつきそうだな……2023/04/30

サンゴ

8
野生の個体も居るのね2023/04/29

ぷりん

7
やっと読み直し完了 次は未読の16巻2024/06/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20976704
  • ご注意事項