異世界のんびり農家 14

個数:1
紙書籍版価格
¥1,430
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

異世界のんびり農家 14

  • 著者名:内藤騎之介【著】/やすも【イラスト】
  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • KADOKAWA(2022/12発売)
  • 夏休みは読書三昧!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~7/21)
  • ポイント 325pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784047373105

ファイル: /

内容説明

春を迎えた大樹の村では恒例のパレードが今年も開催。
ヒラクが主役のパフォーマンスで住人たちが盛り上がるなか、
迫りくる複数の影が――
あったけど、すぐになんとかなった!(いつも通り!)

拾った《箱》がメッセージを発信し、褒めた《絨毯》が空を飛び、
ルーがちょっと拗ねる十四巻です!!

アニメ企画も絶賛進行中!!
お楽しみに!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

こも 零細企業営業

26
異世界に来て18年目。新しい家族はハクレンが産んだ双子。ラスティが産んだ男の子。新しい住民は始祖さんの妻で、BL文化を拡めるヴェルサ。どうやら妖精女王とフェニックスのアイギスと知り合いだったらしい。そして、カラス、白鳥、孔雀。15個の箱達。1〜5、7、10、12、15、17、18、20〜22、4051。かなり生活に密着したポジションに収まる。さらに彼等の中に入っていた投影機などが映画上映みたいになったりしするが無声映画みたいになってる。最後の方で行方不明になっていた魔法人形も発見(?)される。発見か?2022/12/29

サンゴ

8
まだまだ子供が増えそうね2023/01/20

nishiyan

8
異世界転移18年目の春。海のダンジョンにいた始祖の妻ヴェルザが大樹の村に来訪し、妖精女王らと顔なじみだったことが発覚、ラスティが男の子を出産するなど、賑やかな毎日をおくる火楽。森の中である箱を拾ったことで新たな住人が増える本巻。文官娘衆の休暇を利用した母校訪問など小ネタを入れつつも、知性のある箱の話は興味深い。箱たちは村で役目を与えられて活躍し始めるのだが、別離した人形は王都でウルザたちとまさかの出会いを…。しかしクロが太り気味でそれをフラシアが傷つかないように指摘するくだりがまた(笑)。次巻が楽しみ。2023/01/15

ぷりん

6
ここら辺まで来るとそろそろネタが一周して来るのと村長がいつまでもあの世界の習慣に馴染めてないのが 違和感出てくるよね2024/06/24

雪見だいふく

6
新しいキャラが登場。人間じゃないけど…… ヒラクの子供達は増え続けているけど、作中での扱いに大分差がある為、他の影薄めなキャラたちも含めて、出番増やしてあげてほしい。 ティゼルちゃんの今後はいかに(笑) 2023/01/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20449206
  • ご注意事項