異世界のんびり農家 07

個数:1
紙書籍版価格
¥1,320
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

異世界のんびり農家 07

  • 著者名:内藤騎之介【著】/やすも【イラスト】
  • 価格 ¥1,320(本体¥1,200)
  • KADOKAWA(2020/04発売)
  • 夏休みは読書三昧!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~7/21)
  • ポイント 300pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784047360181

ファイル: /

内容説明

「安心して我に任せよ」
新しく作られた“五ノ村”では、責任者に任命された母狐・ヨウコが獅子奮迅の大活躍。
“五ノ村”の環境を迅速に整えつつ、
予想外に大勢集まった移住希望者をなんとか捌いていく。
そんな中、やってきたのは無礼なエルフの一団。
彼らの要望が“五ノ村”を事件に巻き込むことに……!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

こも 零細企業営業

26
第五の村ってほぼ街だけどソレの入居から発展まで。住民が増えればキャラクターも増える。それだから記憶にないキャラクターも増えてくる。まぁ仕方ない。2020/04/09

こも 零細企業営業

20
第五の村で移民を受け入れたら、、人口が5万人も増えてしまった。もう村と呼べないが、あくまでも五の村と頑なに名乗る。そこには聖女がおり、剣聖も居る。聖女は神の声が聞ける能力があるせいで派閥争いの政争の道具にされてしまい、誘拐されまくった結果、五の村に保護される。そこで農業を手伝いながら教会の管理もする生活でのんびりとしている。剣聖は先代の剣聖が老衰で亡くなったので、剣聖の弟子達が国王に剣聖の称号を返上して次代の剣聖を決めようとしたら、、国王は剣聖の称号を戦争に利用するために、自国の将軍に与えてしまった。2021/12/31

nishiyan

10
かねてから建設中の五ノ村の代表に就任した母狐のヨウコ。獅子奮迅の活躍を見せて、村どころか街へと大発展する本巻。あちこちからかき集められた文官には魔王国の前四天王がいたり、新たに起動したマーキュリー種が管理人に加わったりと、エルフの争いに巻き込まれても解決できるなど、大都市運営に盤石の布陣が取れた印象だった。火楽のプライベートではラスティとの間に娘が誕生するなど子だくさんっぷりはなかなか。魔王国に作ったお店絡みでは件の学園が開学し…と学食として店を利用できるなら教員も生徒も増えるわなと。次巻はどうなるか。2023/01/11

ぷりん

5
舞台が村の外に移りつつある そんなこんなでキャラの増殖が加速するね2024/06/11

シュレッダ

5
文体が飽きてきたかも。書籍の最初辺りにハーレム相関図がほしくなってきました。お願いします 2020/05/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15607812
  • ご注意事項