FEEL COMICS swing<br> 違国日記(10)【電子限定特典付】

個数:1
紙書籍版価格
¥858
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

FEEL COMICS swing
違国日記(10)【電子限定特典付】

  • 著者名:ヤマシタトモコ
  • 価格 ¥770(本体¥700)
  • 祥伝社(2023/02発売)
  • 夏休みは読書三昧!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~7/21)
  • ポイント 175pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784396768768

ファイル: /

内容説明

【電子限定!雑誌掲載時のカラー扉&50話のネーム特別収録!】
「なりたいものになりなさい」と言われても
人見知りの小説家と姉の遺児(高2)がおくる年の差同居譚
「なんでそんなに決められるの?あたし、何にも決まんないよ」

朝は高校2年生の秋を迎え、進路について考えあぐねていた。
自分の将来のために努力するえみりや千世、才能がある神田と違い、やりたいことなんて湧き出てこない。
“何もない”ことに凍える先はーー?

未来を探す船、難航中の第10巻!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ツン

75
難しい、、庇護されるべき子供じゃなくなれば、私は一人になってしまうの?そういうことなのかな?2023/02/15

ネギっ子gen

67
【やりたいことぉ、あるよでないよであるよでないの巻】朝、高校2年の晩秋。心だけを置き去りにして大人になることが恐ろしかった――。「何もない」ことに凍え、「解決しない問題」はどうすればいいのか? 周りに聞き回った挙句、朝は思う。<わたしの道はけわしく、さみしく、標もなく、先行く人も共連れもなく、だがその「何もない」ということこそがいずれ、わたしが自由である証であり、標になるのだった>と。巻末に、そんな朝の頼れる友・神田のサービスショットも。漢(おとこ)前だ! 今巻も、会話の絶妙な台詞回しに、ホント痺れたぁー2023/02/25

kayo

34
10巻で話がひと回りして1巻の冒頭のシーンに戻ったのでまとめ感想。「叔母さんは小説家で、親が死んで超つらくて、音楽に深みが出てもおかしくないはずなのに、どうして全然パッとしないのか」という慰めようのない悩みの持ち主の高校生の朝。その叔母で小説家で感性豊かで人見知りで不器用で大人っぽくない大人の槙生は、親族内で盥回しになりそうだった朝を引き取り同居を始める。未成熟な朝と大人の槙生や、他の若者たちが持つ一瞬で通過し消えそうな感情や感覚、湧き立つ悩み不安や疑問などに出くわす彼女たちの会話や行動がとても瑞々しい。2023/02/16

25
「違う国の女王の王座のかたすみで眠る私の好きな夜」「もうすぐ子どもでなくなるのに、私はいつまで許されるのだろう」無邪気に家族になるには、朝は子どもではなさすぎて。でも槙生のことは大好きで。一緒にいたくても、相手の意志も大事にしたいと思う位には朝は大人になっていて。いや、はっきりと違国から出ていけと槙生に言われる怖さもあるのか。槙生の世界は確立しすぎていて、違国から自国にはなり得ないのもあるんだろう。どちらにせよ、キリキリとした朝の不安と悲しみと。女王の写真は違国から旅立つ時のための形見かな。2023/02/24

ozoz

21
なんでもない会話のなかに、はらんだものが複雑で、切なくて、時間は流れて。いとおしい作品。朝、高校三年生。春。に、うぉぉぉとなる。自己肯定感とか、大人にどうなってなるのかとか、朝ちゃんの、ふにゃんとゆがんだ口元がなんだか良いのです。2023/02/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20546928
  • ご注意事項