文春e-book<br> 別冊文藝春秋 電子版43号 (2022年5月号)

個数:1
  • 電子書籍

文春e-book
別冊文藝春秋 電子版43号 (2022年5月号)

  • 著者名:文藝春秋【編】
  • 価格 ¥499(本体¥454)
  • 文藝春秋(2022/04発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

◆スペシャル◆
・藤田真央
[ロングインタビュー]
音楽と言葉
「読書は日常」という藤田さんが語る、音楽と言葉の関係とは?
楽譜の読み解きから楽曲の解釈法まで、クラシック・シーンを更新し続ける若き天才ピアニストに迫る

[新連載]
指先から旅をする
「この音にすべてを捧げたい」テルアビブでの奇跡のようなコンサート、
エルサレムの地で考えた宗教と音楽のこと。輝ける23歳の〈いま〉をフレッシュにお届け!

◆連載スタート◆
・高野和明「踏切の幽霊」
東京・下北沢の踏切で何か奇妙な出来事が起きている──
記者・松田が抱いた直感は、否応なく彼を事件へと引きずり込む。
『ジェノサイド』の鬼才が放つ、渾身の長篇連載開始

・河野裕「愛されてんだと自覚しな」
千年前の運命の恋人と再び出会うため、輪廻転生を繰り返す杏。
しかし、すっかり恋人探しに興味を失い、平穏な日常を満喫中。
現状肯定型ヒロインの恋の行方はいかに?

◆短篇◆
・生湯葉シホ「わたしです、聞こえています」
わたしはわたしのからだが、わからない──
この世界の光を抜群の彩度で焼き付ける、生湯葉シホ待望の初小説

・安東能明「夜の署長3 ホスト狩り」
歌舞伎町での連続ホスト暴行事件。
この背後には、巨大な闇が眠っている──
伝説の刑事・下妻が遂に動き出す!

◆ルポルタージュ◆
・波木銅「人生は夜間飛行」第1回 精神のゲーム、ボウリング
『万事快調〈オール・グリーンズ〉』で松本清張賞を受賞し話題を呼んだ〈現役大学生作家〉もついに卒業。
見えない未来に向かって飛び立つ今、書を抱え、街へと繰り出します

◆エッセイ◆
・稲田俊輔「食いしん坊のルーペ」
[第1回]背徳のアレンテージョ
[第2回]食いしん坊のルーペは世界を覗く
おいしいだけじゃ飽き足りない。
世界中の文化と人を愛する食いしん坊の世界へようこそ

◆ロングエッセイ◆
・高田大介「異邦人の虫眼鏡 Vol.4 フランスの車窓から」
昼は時速80kmで住宅地を走り抜け、夜は星灯りを頼りに進む。
道路事情から考える、フランスの効率的な街づくり

◆インタビュー◆
作家の書き出し Vol.18 取材・構成 瀧井朝世
・大前粟生
対等を求めてもがき、大切なひとを傷つけないようにと願う──
いま共感を集める恋愛小説『きみだからさびしい』に込めた思い

◆連載小説◆
・二宮敦人「サマーレスキュー ポリゴンを駆け抜けろ!」
行方不明の幼馴染を捜すため、オンラインゲームにログインした二人。
そこは猛者が集うアナーキーワールドで……

・綾崎隼「ぼくらに?がひとつだけ」[最終回]
棋士を目指す二人の少年。彼らは出生時に取り違えられていたのか?
運命が交差するとき、切ない真実が明らかに

・冲方丁「マイ・リトル・ジェダイ」
オンラインゲームで世界一になれば、昏睡状態の息子を助けられる?
一縷の望みをかけて強敵に挑む中、思わぬ救世主が

・矢月秀作「幸福論」
世間を震撼させた残虐な犯行ののち、自ら命を絶った萩谷信。
“悪魔”と呼ばれた男の哀しき出生の秘密が明らかに

・一穂ミチ「光のとこにいてね」
ふいに訪れた、あの子と過ごす日常。なのにどうして、わたしは浮かれていられないんだろう

・今村翔吾「海を破る者」
元の襲来が迫る中、異国から来た二人のため、六郎が下した決断は?
新直木賞作家が描く、民族を越えた絆の物語

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数54件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす