新潮文庫<br> 雷の波濤―満州国演義七―(新潮文庫)

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,034
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
雷の波濤―満州国演義七―(新潮文庫)

  • 著者名:船戸与一【著】
  • 価格 ¥1,034(本体¥940)
  • 新潮社(2021/10発売)
  • もうすぐ立春!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~1/30)
  • ポイント 270pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784101343266

ファイル: /

内容説明

昭和十五年、ドイツは電撃戦により、フランスを征服。帝国陸軍はすかさず北部仏印に進駐した。敷島次郎は独立を志すインド女性の戦闘訓練を請け負い、四郎は満映作品の取材中に人工国家の綻びを目撃する。太郎は心ならずもある謀殺に加担し、三郎は憲兵としてマレー進攻作戦に同行することに。太平洋戦争開戦、南進の成功に沸きたつ日本人と次第に増幅してゆく狂気を描く、第七巻。(解説・高野秀行)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壮の字

72
「天皇は日本の至宝だ」天皇という存在のもとに日本は一丸となれる、才能のかぎりをつくして国民のこころを纏めあげている独裁者・ヒットラーの目にはそう映った。たしかにわが国の美点ではあろうが、一丸となってつき進む道は昭和天皇の大御心とは真逆である。軍部が、あるいは政治家が誰であっても、わが国は同じ選択をしていたのかも。昭和十五年ついに日独伊三国同盟が締結され悪の枢軸に名を連ねた。敷島次郎と三郎を東南アジアへ向わせるポジションどりが絶妙である。日本人の血走った目線が北進から南進に移ってゆく過程がよくわかる。2018/03/10

カムイ

43
遂に日米開戦に突入してしまう❗️アメリカとの戦争回避に奔走している人物が幾人もいたことに改めて時代に翻弄されたのだろう。東条英機も戦争回避を模索していた節がある、アメリカの経済復興にかけた戦争介入にも憤りを覚える、正義の裏の顔にどす黒いお面を被るのである。ノンフィクションの中にフィクションを入れ込ませ兄弟たちのこの時代の傍観者に仕立てている。残り二巻、満州を取り巻く世界の情勢、其にともないひたひたと忍び寄る影に…。2022/01/16

ヨーイチ

38
史は好きで満州国も興味がある。でもこの巻は少々辛かった。いよいよ米国が参戦。独ソ戦、ゾルゲ事件、複雑怪奇の外交戦が繰り広げられるわけだが、この作者はそこら辺の情報を「全部、会話の形」で読者を提供している!この形式もある意味凄いが、読んで楽しいかはまた別問題。結果異常な程、事情に通じ、予知能力を備えた人物達が次々登場してくる事になる。読み始めから抱いていた「ある種の違和感」の正体がわかった。特にこの巻は大東亜戦争開戦当時の社会情勢を全て積み込んだ大歴史年表と呼ぶのが相応しい。続く2016/11/14

kinnov

21
ナチス・ドイツの電撃的進行、満ソ緊張と泥沼化が続く支那事変。皇軍南進から太平洋戦争勃発。全ての国に絶対の正義はなく、国や個人の思惑、人種への偏見や利権が渦巻いているだけだ。誰一人この戦争の責任を逃れる事はできない。施政者を弱腰と批判し、感情的にさらにと望んだ一般の市民もだ。軍、政府官僚の責任を回避し有耶無耶にする体質、己を恥じないトップと大衆、全ての登場人物たちへの著者の視線は冷酷だ。告発もしなければ赦しもしない。救いがないのは、今の日本が何も変わっていない事だ。絶望を感じながらも目を離す事ができない。2017/02/01

てぃと

16
小説の舞台は満州・中国から遂にマレー・シンガポールへ。戦火の拡大にあわせて敷島兄弟の行動範囲も更に遠くへ広がります。よく知らなかった満州の歴史を紐解きたくて読み始めた満州国演義シリーズですが、この辺りに来ればさすがに私の知っている歴史の知識を一致するようになりました。満州で馬賊だった次郎が軍属になってシンガポールにいるとは....なんとも数奇な運命です。弱みを握られている太郎はこのままドツボにハマっていく気配が.....。クライマックスに近づいていくのを強く感じます。2016/11/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10998570

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。