メディアワークス文庫<br> オーダーは探偵に 珈琲エメラルドは謎解きの薫りに包まれて

個数:1
紙書籍版価格 ¥913
  • Kinoppy
  • Reader

メディアワークス文庫
オーダーは探偵に 珈琲エメラルドは謎解きの薫りに包まれて

  • 著者名:近江泉美【著者】
  • 価格 ¥913(本体¥830)
  • KADOKAWA(2021/08発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784049139570

ファイル: /

内容説明

【シリーズ累計50万部突破の大ヒットライトミステリ、感動の完結巻!】

 孤独な復讐者となった悠貴。彼はついに、過去の依頼人と交わした『黒い契約書』を使い、実の父との最終対決に挑む。一方の美久は、信頼していた人の裏切り、いまだかつてない生命の危機、意外な人物の助太刀――彼が追う謎解きを通じ、成長していった。
 もう、あの頃の自分じゃない。――大丈夫。きっと連れて帰ってくるよ。
 美久は明かりの消えた喫茶店エメラルドと約束したのだ。悠貴を必ずここに連れ戻すと。
 全ての謎が解き明かされる、感動の完結最終巻!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

陸抗

26
最終巻。一巻から二人が積み上げてきた絆が、最後は喫茶エメラルドに集まった。最初は悠貴の代理でしかなかった美久も、いつの間にかしっかりエメラルドの探偵になってたので成長したなぁとしみじみ。悠貴が依頼料の代わりに交わした「黒い契約書」、ラストでほとんどの依頼人に色々なお願いをしてたようだけど、まだ頼まれてない人が居たらハラハラして待ってたりして。誰に黒い契約書を渡して今回の役に立てようとしたのか、かなり初期の段階から考えてたのかな。だったらすごい。エメラルドの探偵に会えるのが最後なのは淋しいけど、読み直そう。2021/08/27

はな

21
完結巻。長いようであっという間に駆け抜けた気がします。黒い契約で人が動いていき、父との対決に鮮やかだなと感じました。美久も初めの頃と比べて逞しくなったなと思います。 聖くんがかっこよかったなぁと思いました。2022/07/16

assam2005

14
違和感だらけの悠貴くんがようやくいつもの悠貴くんに戻ったー!なのに美久や他の誰ともつるむことなく、ただ一人自分が対峙しなくてはならないものとたった一人で向かい合う。「辛いときは仲間に頼ればいいじゃない」と美久は言うけれど、悠貴の生い立ちを聞くに連れ、それでは相手を越えられないのだと思えてくる。相手を越えた上で、全ての選択肢の中から自分の未来を選ぼうとしているように思えた。悠貴の前に敷かれた世界は一般人のそれとは違う。真っ向から向かい合った中で悠貴が選んだ世界が幸せでありますように。2021/09/17

ひなた

7
終わってしまったー!リアルタイムで約10年続いたシリーズ完結編。でも悠貴は高校生のまま。短期間で次から次へと事件が起き、その全てが伏線。最後はエベレストを全力ダッシュで登りきったような、ありえない疲労と爽快感でした。10年楽しませてくれてありがとうございました。2022/05/16

飲も飲も

7
シリーズ13作目。完結編。大好きなシリーズが終わってしまいました。今までの依頼人たちと交わした「黒い契約書」を使い実父と対決。忘れているところがたくさんあるので、もう一度通して読みたいな。2022/03/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18316926

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。