メディアワークス文庫<br> オーダーは探偵に セピア色の謎解きはビスケットと忘れじの記憶

個数:1
紙書籍版価格 ¥737
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価
  • ポイントキャンペーン

メディアワークス文庫
オーダーは探偵に セピア色の謎解きはビスケットと忘れじの記憶

  • 著者名:近江泉美【著者】
  • 価格 ¥737(本体¥670)
  • 特価 ¥368(本体¥335)
  • KADOKAWA(2017/06発売)
  • お盆休みの読書に!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/13)
  • ポイント 75pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784048928427

ファイル: /

内容説明

解けない謎はない『エメラルドの探偵』が唯一未解決とする『事件』。それは、上倉悠貴が片時も手放さない『古い携帯電話』に起因するものだった。ずっと手がかりのないまま時間だけが過ぎゆく中、ついに悠貴は『事件』解決の糸口を掴む。しかしその刹那、彼は犯人によって窮地に追い込まれてしまう……。悠貴と因縁を持つ聖も独自に『事件』を探る中、ついに美久にも、犯人の脅威が及び……!! 過去の謎がついに解明される! 待望の解決編、登場!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はな

36
図書館本。後編も無事完結。若葉さんの正体が意外過ぎて怖かった。美玖も悠貴も危ない目にあっていたけれど、お互いがお互いを心配して解決できたって感じでした。でもこれでとりあえずは過去に一区切りがついたような気もするけれど、エピローグの声の主がとっても気になる。2017/08/19

ぽぽ♪

35
過去編、完結。ずっと、気になってた悠貴の過去、そして美久との再会シーンがキュンキュンしました!あそこまで素直な悠貴、初めてでした。一段落したと思いきや、又も気になるエピローグ…次巻も楽しみです。2017/07/22

assam2005

32
前巻から引き続き、悠貴と聖の過去に起こった事件の謎の解決編。幼馴染みの稀早を死に追いやった犯人・わかばの正体を探すべくそれぞれが奔走する。バラバラに行動し、それぞれが一人で最悪の状態になりながらも、何とか乗り越え、謎を解いていく。犯人はなんとなーく察しはつくのだけど、その後の展開にドキドキしてしまいました。いやーん、これもツンデレ!しかも、「デレ」が一気にキター!!もう、読んでてこっちが赤面。(///∇///)そして、ラストは謎を残しつつ、次巻へ。これまた、読まなくては!2017/07/02

みかぴょん

31
前作からの続編。内容が悠貴の過去。悠貴の生い立ち とりまく人物 とても吸い込まれて読んでしまった。美久との関係も何かホッこりするシーンがあったりして良かったな。美久と真紘さんのやさしさで悠貴を守ってるそんな関係性も羨ましい。最後の終わり方意味深だったから 次が早く読みたいです。2017/08/25

はる

31
とりあえずここで一区切り。聖と悠貴が追いかけてた過去の事件も解決してこれから一気に話が進みそうです。ある意味一番ノーマークだった人が犯人だったのは衝撃でしたが、悠貴の過去が分かったのなら今度は聖の現在の様子も知りたいですね~。きっと今後も聖は美久に絡んで来るはず。後、悠貴の確執問題やイギリスに帰ったあいつなんかも気になる所です。2017/07/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11777372

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。