新潮文庫<br> 管見妄語 常識は凡人のもの(新潮文庫)

個数:1
紙書籍版価格 ¥605
  • Kinoppy
  • Reader

新潮文庫
管見妄語 常識は凡人のもの(新潮文庫)

  • 著者名:藤原正彦【著】
  • 価格 ¥605(本体¥550)
  • 新潮社(2020/09発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784101248196

ファイル: /

内容説明

小学校低学年からの早期英語教育。譲歩に譲歩を重ねる外交。ポリティカリー・コレクトという「きれいごと」――すべて無駄! 流暢な英語と豊かな教養は決して両立しないし、外交での謙虚さは、弱みの裏返しとしか取られない。大切なのは、論理的思考力や教養力である。一見正しい定説を、軽やかに覆す「週刊新潮」人気コラム。(解説・金美齢)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mayumi

29
シリーズ第8作目。今作でも藤原氏は早期英語教育なんて無駄!と吠えております。ただ、藤原氏自身は英語ペラペラで、海外で多くの国の人と話すエピソードを読むたびに羨ましいなあ、と何度英語を勉強しても挫折する私は思うのです。あと今作は学術会議に言及あり。この本の内容は3〜4年前のものなのだけれど、今でもタイムリーな話題。「平和を高らかに唱える人は自らを高邁な人道主義者とみなし自己陶酔すると同時に、そうでない人を軍国主義者と見下す傾向がある」と、なかなか痛烈です。2021/02/14

さきん

25
久々の藤原本。文芸春秋でも冒頭の方に載っているので元気なのは間違いないのだが、奥さんの露出度が上がってきている気もする。経済観は大いに当たっている。本書はユーモアの大切さ特に強調されていた。空港での何かシャープなものはお持ちでないですかに対して、頭を指さすというのが、一番笑えた。2020/12/25

かりんとー

6
(図書館)ハードカバー版を読みました。時にユーモラス、時に辛辣な藤原先生。内容のひとつひとつは忘れても、藤原先生の生き方、考え方は私の心にずっと残るだろう。2020/12/05

CEJZ_

3
1P15行。元の本は2018年刊。「週刊新潮」の人気コラムをまとめた本で、2016年〜2017年のものを収録。藤原正彦の書籍は書店でよく見かけるような気がする。数学者、藤原正彦は新田次郎の次男なのか、知らなかった。このエッセイ集は面白かった。海外から見た日本、政治経済世相、郷里の信州のことなどなど。週刊新潮での連載は終了しているようだが、もっと早く知っていれば良かった。読みやすくなるほどなあと思う。人気があるわけだ。さかのぼって管見妄語シリーズや他の著作も読んでみたくなった。2020/10/26

そうげん(sougen)

2
ひさしぶりに管見妄語シリーズを読みました。なぜこれほど、グローバリズムやポリティカルコレクトネスという言葉が、こちらが食傷を感じるほどに喧伝されるのか。その疑問に対する有力な考え方を窺うことができて、よかったと感じています。5年後、10年後、20年後、50年後。どういった世界に変わっていくんだろう。そのとき日本はどうなっているんだろうといったことに、わたし自身、考えが及んでいきました。解説の文章はわたしは読まなくてもよかったと思ってしまいました。2020/10/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16601509

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。