集英社みらい文庫<br> 戦国姫 ―鳥の巻―

個数:1
紙書籍版価格 ¥648
  • Kinoppy
  • Reader

集英社みらい文庫
戦国姫 ―鳥の巻―


ファイル: /

内容説明

豊臣家のリーダーとなった姉・茶々と、徳川家の二代将軍に嫁いだ妹・江。敵対する立場になった姉妹の架け橋になるべく、力を尽くす初姫。義父の徳川家康から婿選びを命じられた小松姫。彼女が選んだお相手は? 父・明智光秀の謀反により、過酷な運命を背負うことになった細川ガラシャなど、戦国時代を果敢に生きた、7名の姫君たちの物語。 【目次】初姫――戦国の世を生き抜いた、大らかな翼――/京極竜子――実家の再興を秀吉に願った美しき翼――/豪姫――乱世に翻弄された華やかな翼――/まつ――夫・利家とともに加賀百万石の基礎を築いた、賢き翼――/小松姫――義と情。ふたつを兼ね備えた気高き翼――/千代――内助の功を発揮し、夫を土佐一国の大名へと押し上げた知の翼――/細川ガラシャ――愛と信仰に生きた清き翼――/歴史年表/用語集/参考文献/あとがき

目次

初姫――戦国の世を生き抜いた、大らかな翼――
京極竜子――実家の再興を秀吉に願った美しき翼――
豪姫――乱世に翻弄された華やかな翼――
まつ――夫・利家とともに加賀百万石の基礎を築いた、賢き翼――
小松姫――義と情。ふたつを兼ね備えた気高き翼――
千代――内助の功を発揮し、夫を土佐一国の大名へと押し上げた知の翼――
細川ガラシャ――愛と信仰に生きた清き翼――
歴史年表
用語集
参考文献
あとがき