富士見L文庫<br> 紅霞後宮物語 第七幕

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader

富士見L文庫
紅霞後宮物語 第七幕

  • ISBN:9784040726090

ファイル: /

内容説明

寛と康、二国との戦いを強いられることになった小玉は、元寛の武官であった樹華と共に戦場で開戦を待っていた。一方宸では小玉の無事を祈る真桂らとは別に、雅媛、梅花、そして司馬淑妃が動き出そうとしていて――。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あっか

70
再読。戦、戦、戦で(この物語の性質上)いつ誰がどうなるか分からないから、常にドキドキしっぱなしの巻です。でもやはり避けられない別れが…え、ここまで来てあなたも?えっまさかあなたまで?と、辛さが連続し過ぎ。戦場でも後宮でも、不穏な動きと展開が多すぎ。唯一の癒しはやっぱり清喜と丙だけ!王家認定と性の継承システムがよく分からなかったなあ。あと、読点の位置により文章の意味が分かりづらくなってしまっているところもあった気がする。2020/07/06

あっか

66
2回号泣しました(;ω;)戦は良くないですね…しかも、えー?どうなるの?大丈夫!?な展開と最後で次巻を早く読みたすぎる。このシリーズ、第1巻からそうでしたがやっぱり一筋縄では行かせてくれない。綺麗に終わらせてくれない。でもそれがリアルというか、実際の世の中ってこうよね…と考えさせられる。8巻の表紙ー!!泣 これ絶対3巻の明慧と同じパターンだ………読むのが既に切ない。2018/10/04

ばたやん@かみがた

41
後宮、朝廷さらに外国含めて小玉と文林の敵対者は本当に愚か者しかいない。卑劣かつ短慮、と六文字で言い表せてしまう。この物語は、だから出世や戦の勲に全く力点を置いていない。大切な物を山と失い、求めていない物を手に入れた一人の女の物語。彼女が唯一拠り所にするのは皇帝たる夫からの信頼そして執着(P.70)のみ。彼女の行く途は修羅のそれであることが本巻の最後で示されている。2018/08/10

よっち

38
寛と康の二国と戦いを強いられることになった小玉。困難な状況に追い込まれた小玉の元に、康の密使がやってくる第八弾。密使の言い様に夫婦のありようを侮辱されたと感じ激高する小玉。それぞれの国の考え方の違い。檄文で熱い想いを語る一方、それでもどこか冷静な部分がある小玉と文林の夫婦の育まれてきた絆、勝利の目前にしてつまらない悪あがきがもたらした悲劇。こじれにこじれた二人がようやくここまで来たのに、こんな終わり方はないですよね…。娘子ファンの面々が怒り狂ってますけど、この苦境を乗り越えて向き合う二人がまた見たいです。2018/02/15

フキノトウ

29
やだやだ。戦は死と隣り合わせというけれど、あまりにも呆気なさすぎる (泣) あと、子どもをここまで歪ませた罪は重い。2018/04/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12590234

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。