富士見L文庫<br> 紅霞後宮物語 第五幕

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader

富士見L文庫
紅霞後宮物語 第五幕

  • ISBN:9784040709383

ファイル: /

内容説明

湖西の騒動は収まったものの、事後処理に追われる文林。疲れを癒やしてくれるのは小玉……と思ったら、小玉に不義疑惑が浮上! 司馬淑妃の父・司馬尚書の謀略か? 文林と小玉の関係も否応なしに動き出し――!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あっか

83
再読。大局としては、小玉と文林の心の距離が決定的に離れてしまった巻(文林無神経過ぎ、からの小玉誤解)。歴史的にも政治的にも大きな転換点があったとかではないけど、ここにきて馮王太妃の娘・紅燕が登場し、新キャラ?薄充儀という作家?が誕生したり(笑)、もしかしたら歴史が大きく変わったかも…な悲しい出来事があったり。司馬家はなかなかしぶとい。2020/06/30

あっか

76
小玉違う違うー!!…と叫びたくなりました。むーん、普通は最初は心が離れているヒロインとヒーローでも、巻を重ねるごとに近付いていくものじゃないの!?まったく展開が読めずもうどうなるか分からない!笑…と書きながら、でもあの2人の性格上、こういう山を幾度か超えないと奥の奥の本心まで辿り着かないのかも…という嫌な予感もしてきた( ̄∀ ̄)今回は紅霞宮ない中心だから派手さも血みどろも少なくて良かったです。文林、自分の繁殖力に自信持ち過ぎで笑った。2018/09/26

よっち

51
湖西の騒動は収まったものの事後処理に追われる文林。悩みは尽きない文林の疲れを癒やしてくれるのは、帳簿と不本意ながら小玉…と思ったら、突如持ち上がった小玉の不義疑惑。二人の関係にも変化が訪れる第五弾。文林も小玉で癒やされてるんだよなあと思いかけたところで、廃后を狙ってありもしない不義疑惑とかで周囲に足を引っ張られ、酔った勢い?とはいえこれはついに。。。と思ったら何とも苦い結末に頭を抱えました。パートナーとしての絆は揺るがないだけに、余計に最初からどこか拗らせてしまっている二人のすれ違いがもどかしいですね。 2017/02/14

蝶よ花You

44
共に同じ目標を持ち、共に歩む二人の心が何故に交わらない。今回は、国に関わる問題よりも小玉へ向けられた問題が主。不義密通の疑いをかけられたり、命を狙われたり…。やっと平行線だった文林と小玉に心を通わせる瞬間が来たかと思えば、それがお互いがお互いを恋情の意味で想い合っていない事を識らしめる結果になったり…。二人はとても良い相棒であるはずなのに、心がどうしても交わらない。各々の今までの言動が本当に互いを男・女として愛していない同士の物かと疑問に思えてなりませんが、国の問題含め、まだここからが始まり、という感じ。2017/03/02

はなりん

40
前巻までと少し印象が変わった感じ。小玉と文林のやり取りが最初からなんか今までと違う感じがしていて、最後にそれですかって感じ。文林が盛大に間違った感がありますが、小玉も文林をわかっているようでいて、ややこしい文林をそこまでわかってないのかなぁ・・・。前巻までの二人のやりとり(主に不憫な文林)が好きだったので、なんかモヤッとする終わりです。2017/02/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11452002

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。