富士見L文庫<br> 紅霞後宮物語 第十幕

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader

富士見L文庫
紅霞後宮物語 第十幕

  • ISBN:9784040731971

ファイル: /

内容説明

後宮に新たな妃嬪を迎えることになった。しかし後宮入り直前に亡くなってしまった本人に代わり、入ってきたのは腹違いの妹・仙娥。小玉に対し率直に文林の渡りを希望する仙娥の出現で、後宮の思惑は入り乱れ――。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あっか

67
再読。仙娥が入宮し、今までになかった方向性の争いの火蓋が切られた巻。仙娥は正論で間違いがなさ過ぎるからこそぐうの音も出ないし強敵。これは小玉、分が悪いわ!また麗丹の視点で語られることにより、皇后としての小玉、皇帝としての文林を客観的に見る機会も得られ、なるほど…と思わされる。小玉と麗丹の言い合いシーン…の、清喜が癒し♡笑 この巻中で康・寛共に国の頂点関係がガラッと変わり、康にいる鳳も思いがけず中枢に関わって来たりして、宸内外の動きが激しい…さて、内容と流れをおさらいしたのでようやく新刊が読める!笑2020/07/10

あっか

62
第2部2作目、物語が宸から寛や康にも泥沼関係が広がって、頭の中で整理するのが結構大変。笑 鳳と偶然(?)邂逅した寛の皇后や雅媛の企みや…あちこちの火種がどうなってゆくのかドキドキ。宸は宸で…!敵は正論で強敵だし、もう文林ー!!だし(泣)(狂言だと信じてる!)小玉は何だかなかなかうまいこと幸せになってくれないし、もう文林との子どもは期待してちゃダメかなあ…そういう意味で、話がどういう方向に行くのか分からない!泣 文林早く小玉を幸せにしてくれ。あ、でも清喜は最高ですし麗丹との丁々発止も大笑いさせて頂きました。2019/06/17

はなりん

35
全体的に暗い・・・。0幕や初期の頃が懐かしい。寛や庚など他国の内情、鳳が逃れた村の事情、雅媛の嫁いだ先の動向などを織り交ぜながら、これらがこの先どう絡んでくるのか・・・。そして後宮の勢力争いにも変化が・・・。これまでは絶対的な安心感が小玉陣営にあったが、新たな妃嬪がやってきて勢力図が変わっていく。そして文林、理由があり策を練ってるのかもだけど、なんだかなぁって感じです。モヤモヤする読後感。唯一麗丹が希望かしら? 2019/09/08

よっち

35
皇族・琮尚書の引退で新たに茹王が復帰。あわせて彼の長女も後宮に入るはずが後宮に入る前に亡くなり、代わりに腹違いの妹・仙娥が妃嬪としてやってくる第十弾。病弱の姉を支えた妹という第一印象からは思ってもみなかった急展開。小玉親衛隊状態だった後宮が、正論で殴ってくる茹昭儀や徐麗丹のような人物の登場によって否応なしに変化の時を迎えて、小玉たちも対応が難しいところですね。並行して進むエピソードもこれからどう絡んでくるのか、せっかくヒゲが生えたのに違うところで各方面から評価がだだ下がりな文林の動向も気になるところです。2019/06/14

サン

30
紅霞後宮物語本編10冊目。人事の関係で新たな妃嬪を後宮に迎える。その妃嬪は今までいなかったタイプで小玉と対立する。以前から感じていたけど、タイトルの通り、物語だ。小玉もただのヒーローでもヒロインでもなく、時代に振り回される一人という感じ。そして、ようやく文林に対して考え直してくれそうだ。次巻が気になる。2019/06/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13858846

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。